日本CA、ITサービスの運用コストを改善する製品群の新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本CA、ITサービスの運用コストを改善する製品群の新版を出荷


掲載日:2009/05/27


News

 日本CA株式会社は、ITサービスのライフサイクル全般にわたるコスト削減と効率化を可能とするサービスマネジメント製品群「CA Service Management」の新版6製品を、5月25日より順次出荷する。

 構成管理DB「CA CMDB」では、構成アイテムの関係性や変更を維持/記録することで、変更がもたらすITサービスの問題を未然に防ぎ、影響をコントロールする手段を提供する。“CMDB Federation”仕様に準拠したサードパーティの運用管理情報との統合も可能となっている。今回、日本語化された。

 サービスオペレーション「CA Service Desk Manager r12.1」では、サービスデスク管理やナレッジ管理が可能で、自己解決支援を促す自然言語検索機能/フォーラム機能や、レポーティングと分析/意思決定を支援する“CA Business Intelligence”などを備え、変更カレンダー機能やダッシュボードにより変更を総合的に管理することができる。

 ITクライアント管理「CA IT Client Manager r12」は、ハード/ソフト資産のインベントリに対応し、サードパーティの資産情報との連携も可能なほか、ソフト/パッチの配布や“ImageX”技術に対応したOS自動インストールが可能となっている。集中管理できるWindows/Linuxデスクトップのリモートコントロールも備え、アプリケーション仮想化にも対応している。

 IT資産管理「CA IT Asset Manager r12」では、IT資産の申請から配布、破棄までのライフサイクルにわたって、資産の構成情報や利用ソフトウェア、所有者、所在、利用状況、リース情報を追跡することができる。所有や財務の観点から管理することで、調達や取得の重複や有休資産の放置、ベンダ契約の更新もれや利用ライセンス超過の発生などを防ぐことができる。

 サービスカタログ管理「CA Service Catalog r12」は、IT部門の提供価値をカタログとして公開することができる。複雑なIT部門の業務やプロセスを分かりやすく整備し、利用部門と共有することで、サービスのワークフローをコントロールし、サービスの提供状況やコスト発生状況を可視化することができる。

 IT管理会計「CA Service Accounting r12」は、IT運用に管理会計手法を導入し、サービス依頼から提供までの流れとコストを計測し可視化する。サービス利用部門のサービス申し込みとサービス使用量を計測できるほか、サービス消費コストの課金やコスト配賦、請求が可能となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】 EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策 【エスエーティ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【NTTテクノクロス】 ソフトウェア資産管理ツール「SARMS」 【ARアドバンストテクノロジ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。 意外と知らない「大型ストレージ」での延命保守の注意点とは? 保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 ソフトウェア資産管理ツール。台帳登録された情報とIT資産管理ツールで収集したインベントリ情報を突き合わせ、適正なソフトウェア資産管理を実現する。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025930


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ