住友電工情報システム、Webワークフローシステムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


住友電工情報システム、Webワークフローシステムの新版を発売


掲載日:2009/05/21


News

 住友電工情報システム株式会社は、既存システムとの連携機能の強化とユーザビリティの向上を行なった、Webワークフローシステムの新版「楽々WorkflowII Ver.5.0」を、発売した。

 今回の新版では、Web API(Application Programming Interface)が追加され、同製品のワークフロー機能を既存のWebシステムから容易に利用可能となった。利用中のWebシステムにWeb APIのURLを指定する容易な修正により、同製品をワークフローエンジンとして連携させ、様々な申請/承認機能をアドオンさせることができる。また、例えば同製品の標準画面の中に既存システムのデータを表示させる場合は従来の基幹システム連携機能を選択し、同製品をワークフローエンジンとしてのみ使用する場合はWeb API連携機能を選択する、といったニーズに合わせた機能選択が可能となる。

 画面上部にアイコン形式のメインメニューを、その下にサブメニューを配置するといった、分かりやすく見やすいレイアウトを採用し、直感的に操作することができる。Ver.4.xまでのデザインに慣れているユーザの場合は、旧デザインに切り替えて利用することもできる。

 GUIを使用したマウス操作によるワークフロー経路設定機能を、管理者に加え一般ユーザも利用可能とした。これにより、申請者が承認経路を設定する場合や、承認者が経路を追加/変更する場合に、“承認”/“閲覧”/“回覧”などのアイコンを選択し、マウスを使用して線で結ぶ直感的な操作が可能となる。また、分岐型(並列)など複雑な経路もマウス操作で設定することができる。経路設定機能は日本語に加え、英語や中国語(簡体字)でも使用することができる。


出荷日・発売日 2009年5月19日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 大手・中堅向けワークフロー AgileWorks(アジャイルワークス) 【エイトレッド】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 組織改変・人事異動に強いワークフロー。人事システムとの密な連携が可能。高度なフロー制御をもつことで、社内の意思決定プロセスをすべてフロー化することができる。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 G Suiteまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025886


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ