EMCジャパン、VMware vSphere 4と連携するパス管理ソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、VMware vSphere 4と連携するパス管理ソフトを発売


掲載日:2009/05/20


News

 EMCジャパン株式会社は、ヴイエムウェア株式会社のデータセンタ向けクラウドOS「VMware vSphere 4」環境でのI/Oパフォーマンスの合理化と自動化を図る「EMC PowerPath/VE」ソフトウェアを、発売した。

 「PowerPath」は、物理環境と「VMware vSphere」による仮想環境全体で、主要なサーバやOS、仮想プラットフォーム、ストレージアレイのパス管理を統合するオープンソリューション。今回発売された「PowerPath/VE」は、「VMware vSphere」環境で自動的にI/Oのロードバランスを行ない、サーバとストレージのパス管理を最適化/自動化する。また、パス障害が起こった場合に自動的にそれを検知し、I/Oのパスを切り換え、アプリケーションを確実にオンラインの状態に保つことができる。

 また同社は、ネットワークストレージ/データ保護/ITリソース管理/セキュリティなど同社の様々な製品群を「VMware vSphere 4」と連携させ、提供する。ネットワークストレージでは、VMwareの仮想化管理ツール「VMware vCenter」と連携したアレイスナップショットや、「VMware vCenter」と連携した管理、仮想LUN(Logical Unit Number)、デュアルプロトコルによる柔軟な接続性を備えた同社の“UltraFlex”I/Oモジュール、仮想ストレージ、ストレージQoSを用いて優れた統合管理が可能となり、それぞれが無停止で変更可能な動的なストレージを構築することができる。

 データ保護では、バックアップとデータ重複除外を可能とする「EMC Avamar」により、ファイルレベルのデータ保護が提供される。仮想マシンとアプリケーションは仮想サーバ全体を数分以内に復旧できる同社のアレイベースのスナップショットで保護される。また、同社のリソース管理ソリューションが、ユーザの物理環境/仮想環境全体の自動的な可視化と管理を支援する。セキュリティでは、今回、EMCコーポレーションのセキュリティ部門RSA(日本法人はRSAセキュリティ株式会社)と、「VMware vCenter」/デスクトップ仮想化ソリューション「VMware View」による認証との連携が図られた。

 また、同社のサービス組織により、戦略立案/設計/導入/マネージドサービスの全ライフサイクルを通じ、「VMware vSphere 4」技術の計画や導入、「VMware vSphere 4」のメリットを更に引き出すための支援が提供される。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ASUSTOR 企業向けNAS AS7009RDX 【ユニスター】 ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 企業向けストレージに関するアンケート 【日本アイ・ビー・エム】 10ベイ NASサーバ AS7010T 【シー・エフ・デー販売】 HDD並みの価格で実現するオールフラッシュストレージの4つの効果 【日本ヒューレット・パッカード株式会社】
NAS NAS NAS NAS NAS
エンタープライズ向けに設計された企業用ラックマウントモデルのNAS。ユニスターによるオンサイト・先出しセンドバックなどの保守も。 フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 3000円分のAmazonギフト券が当たる:ストレージに関する読者調査 大容量で高い性能でありながら、非常にコンパクトなサイズで低価格であるため、大企業のみならず中堅・中小レベルでも導入しやすいNAS。 知らないと恥ずかしい オールフラッシュ導入による4つの恩恵

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025872


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ