東芝、512GBのSSDを搭載したモバイルノートPCを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


東芝、512GBのSSDを搭載したモバイルノートPCを発売


掲載日:2009/05/19


News

 株式会社東芝は、容量512GBのSSD(Solid State Drive)を搭載し、軽さ/薄さと駆動時間に優れたモバイルノートPC「dynabook SS RX2/WAJ」2モデルを、直販サイト“東芝ダイレクトPC by Shop1048”のオリジナルモデルとして、発売した。

 「dynabook SS RX2/WAJ」は、約幅283.0mm×奥行き215.8mm×高さ19.5〜25.5mm(突起部含まず)、重さ1095g(バッテリパック63A装着時)と軽量/コンパクトなモバイルノートPC。Microsoft Office with PowerPointの有無により2モデルが用意されている。約12.0時間のバッテリ駆動が可能で、本体は外部認証機関“テュフラインランドグループ”での耐久テストをクリアした堅牢性を備えている。

 SSDには、1つの素子あたり2ビットのデータを保存できる“多値NAND”を採用しており、512GBの記憶容量を達成している。また、多値NANDを高速/並列動作させることができるコントローラの開発により、従来機種に搭載しているSSDに比べ、読み出し速度は約2.3倍の毎秒230MB、書き込み速度は約4.5倍の毎秒180MBのデータアクセスを可能としている。更に、HDDとの比較でも、読み出し速度で約3倍、書き込み速度で約2.5倍を達成しているほか、高速回転するディスクなどの機械構造をもたないため、耐振動性/耐衝撃性に優れ、常に持ち運んで利用するモバイルノートPCの堅牢性が強化されている。

 SSD搭載による低消費電力に加え、超低電圧版のCPUや、バックライトなしでも太陽光源を利用して画面の視認性を向上させる半透過型液晶パネルの採用など、使用時の消費電力削減を支援する省エネルギー設計を採用しており、環境負荷の低減に配慮している。なお価格は、Microsoft Office with PowerPointを搭載した「PARX2WAJLD10W3」が42万3000円、非搭載の「PARX2WAJLA10W3」が39万8000円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 2009年5月14日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025870


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ