ET、システム操作申請と操作記録の突合を自動化するソフトを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ET、システム操作申請と操作記録の突合を自動化するソフトを出荷


掲載日:2009/05/19


News

 エンカレッジ・テクノロジ株式会社は、IT全般統制の有効性モニタリング時に求められるシステム変更などの重要操作の申請/承認のワークフロー化と、更に操作申請内容と実際に行なわれたシステム操作内容の突合を自動化するソフトウェア「ESS AutoAuditor(EAA)」を、6月末より出荷する。

 「EAA」は、システム管理での作業申請や作業承認、特権IDの払い出し、作業報告、作業確認までの一連のワークフローをオンライン化するソフトウェア。作業申請の内容と実際の操作記録を自動的に突き合わせ(自動突合)、点検/監査を自動化することができる。統制を行なう操作を“ブラックリスト”(未承認操作)として登録し、各作業申請書で承認された作業内容からは自動的に“ホワイトリスト”(承認済み操作)が生成される。この2つのリストを用いて実際の操作記録と自動突合し、未承認操作の有無と、承認通りの操作が実施されたことを報告する。未承認操作の内容は動画像を含む操作記録から確認することができる。これらにより、マニュアル統制(人手による統制)を、システム統制(自動化された統制)に置き換えることができ、点検/監査に関わる人的負荷とコストを削減することができる。

 ワークフロー機能はマイクロソフト株式会社のMicrosoft Office Sharepoint Server 2007やWindows Sharepoint Services 3.0のアドインとして動作する。また、「EAA」は、.NET Framework 3.0のWindows Workflow Foundationを使用し、Microsoft Office Sharepoint Server 2007とのシームレスな操作連携を可能としている。

 なお価格は、300万円からで、同社のトレーサビリティシステム「ESS REC」の基本構成が必要となる。


出荷日・発売日 2009年6月下旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 Business WorkFlow 【新日本コンピュータマネジメント】 稟議・回覧クラウド 承認Time 【SBIビジネス・ソリューションズ】 中小企業がワークフローのシステム化で成功する秘訣 【Donuts】 電子印鑑対応 ワークフローシステム DocGear 【シヤチハタ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 サーバライセンスでユーザ数に関係なく多彩な文書をWeb上で管理できるワークフローシステム。簡単操作で管理・運用ができる。中国語を含む多言語での運用実績もある。 稟議、捺印申請をはじめ、社内文書をWeb上で申請・承認できるワークフロー・クラウドサービス。複数承認ルートや項目の自由設定、一斉報告フローなどの設定が可能。 申請/承認業務を効率化、中小企業がワークフローのシステム化で成功する秘訣 承認フローを電子化し、業務を効率化するワークフローシステム。文書管理も行え、承認ファイルの所在・進捗の把握も簡単に。スマホ・タブレット対応で迅速な承認が可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025862


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ