提携:トランスウエアの製品にカスペルスキーのエンジンを搭載

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:トランスウエアの製品にカスペルスキーのエンジンを搭載


掲載日:2009/05/14


News

 株式会社トランスウエアと株式会社Kaspersky Labs Japan(カスペルスキー)は提携し、トランスウエアのアンチスパム製品の最新バージョン「Active! hunter 3.2」に、カスペルスキーのマルウェア対策エンジン「Kaspersky Anti-Virus」をオプション搭載し、提供する。

 「Active! hunter 3.2」は、環境に応じてアプライアンスとソフトウェアを選択できるアンチスパム製品。利用者から寄せられるリアルタイムの情報を基に、メールがスパムかどうかを判断するための情報をDBに登録し、それらを参照することでスパムメールを特定する、“コラボレーション方式”のスパムフィルタ“クラウドマーク”を搭載している。また、機械学習理論に基づく学習方式の“SVM”(Support Vector Machine)フィルタも搭載しており、併用することで効果を向上させることができる。

 今回オプション搭載される「Kaspersky Anti-Virus」エンジンは、ウイルスやスパイウェア、クライムウェア(犯罪行為を行なう目的で作られた悪意のあるソフトウェア)、ハッカーによる攻撃、フィッシング詐欺、スパムといった脅威に対し、迅速な保護を提供する。検知率や、新出の脅威への対応時間、DB更新頻度に優れている。なお同オプションの価格は、スタンダードライセンス(企業向け)が50ユーザで年間7万7000円から、アカデミックライセンスが50ユーザで年間3万8500円からとなっている。

 両社は今後、トランスウエアのメール誤送信防止製品「Active! gate」や、Webメール製品「Active! mail」の“ファイル管理拡張オプション”にも、「Kaspersky Anti-Virus」エンジンをオプション搭載することを計画している。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「アンチウイルス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「アンチウイルス」関連情報をランダムに表示しています。

「アンチウイルス」関連の製品

防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? 【Cylance Japan】 次世代型アンチウイルス プロテクトキャット Powered by Cylance 【エムオーテックス】 マルチエンジン型ウイルス対策ソフトウェア 「Metascan」 【ネクスト・イット】 Kaspersky Security for Virtualization 【Kaspersky Labs Japan】 検知とバックアップを一体化、進化するランサムウェアの先を行く対策とは? 【Jiransoft Japan】
アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス アンチウイルス
防御能力テストで分かった「未知なるサイバー脅威」に効く特効薬とは? 人工知能を活用した次世代型アンチウイルス。マルウェアの隔離から流入経路追跡までが可能。 最大30種類のウイルススキャンエンジンを動作させ、マルウェアの検出率を最大限に高めたウイルス対策ソリューション。インターネット接続ができない閉環境でも使用が可能。 仮想環境に最適化されたアンチマルウェア製品。仮想環境および仮想化されていないエンドポイントやモバイルデバイスも含めた一元管理が可能。 検知とバックアップを一体化、進化するランサムウェアの先を行く対策とは?

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025827


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > アンチウイルス > アンチウイルスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ