富士通、ネットワークサーバにWAF機能を追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、ネットワークサーバにWAF機能を追加


掲載日:2009/05/08


News

 富士通株式会社は、ネットワークサーバ「IPCOM EX」シリーズのファームウェアに、Webアプリケーションのぜい弱性を狙った攻撃を検知/防御するWAF(Web Application Firewall)機能をオプションで追加し、最新ファームウェア搭載製品を、5月21日より出荷する。

 「IPCOM EX」シリーズは、個別に構築していたファイアウォール/負荷分散などを1台で処理するネットワークサーバ。単機能の装置を組み合わせてシステム構築する場合に比べ廉価にシステムを構築できるほか、別々の装置の導入時に必要となる各機器の運用操作の習得が不要で、簡素に運用でき、コスト削減を可能とする。また、単機能製品の組み合わせに比べ、設置スペースや、消費電力とCO2排出量が約8分の1に削減されているほか、運用コストが約2分の1(いずれも同社比)に低減されている。特定有害物質の使用制限に関するEUの“RoHS”指令にも対応し、環境にも配慮している。

 今回追加された、オプションのWAF機能では、セキュリティホールなどを狙った最新の脅威に対応でき、安全で無停止のWebシステムを簡素/迅速に構築することができる。また、導入/運用コストの削減や、設置スペース/ケーブル本数/消費電力の抑制も可能となる。WAF機能の攻撃防御には、構文/データ解析を行なう同社の方式を採用しており、不正侵入のパターンをDB化した“シグネチャー方式”では対応が難しい攻撃にも対応可能となっている。また、シグネチャー更新のための費用が不要で運用コストを低減することができる。更に、設定を容易にする学習機能や日本語での設定により容易な導入を可能としている。

 なお、既に「IPCOM EX」シリーズを導入済みのユーザは、同社Webサイトよりファームウェアをダウンロードし、その上で「WAFオプション」を導入することができる。


出荷日・発売日 2009年5月21日 出荷
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WAF」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「WAF」関連情報をランダムに表示しています。

「WAF」関連の製品

アカマイ・テクノロジーズのWAF 【アカマイ・テクノロジーズ】 伊勢志摩サミットで、クラウド基盤へのDDoS攻撃をどう防いだか 【アカマイ・テクノロジーズ合同会社】 クラウド型(SaaS型)WAFサービス Scutum(スキュータム) 【セキュアスカイ・テクノロジー】 CLEARSWIFT SECURE Web Gateway 【日立ソリューションズ】 DDoS攻撃を絡めた攻撃をどう防ぐ? 多層防御にCDNが有効な理由 【ライムライト・ネットワークス・ジャパン】
WAF WAF WAF WAF WAF
WAF運用のヒント:4つのプロセスからWeb攻撃対策を再点検 G7伊勢志摩サミットの舞台裏、クラウド基盤への大規模DDoS攻撃をどう防いだのか 顧客情報流出や改ざんの防止、リスト型攻撃などユーザ認証や新たな脅威も適切に防御するクラウド型WAFサービス。導入後に必要な運用もすべてお任せ。 Webセキュリティに必要なURLフィルタリング、ウイルス対策などの機能をオールインワンで提供。 Webサイトの多層防御をどう実現? DDoS攻撃に強いCDNを活用した防御手法に注目

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025785


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > WAF > WAFのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ