CLS、情報漏洩防止ソフトで確実に管理できる専用USBメモリを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CLS、情報漏洩防止ソフトで確実に管理できる専用USBメモリを発売


掲載日:2009/05/07


News

 株式会社シーピーアイ・リバティー・算法(CLS)は、企業向け情報漏洩防止システム「TotalSecurityFort」(TSF)の専用USBメモリとして、株式会社ハギワラシスコムの「UDRW G4」を採用し、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「TSF」は、セキュリティポリシーを会社全体/部署/個人レベルで設定できるソフトウェア。「TSF」のサーバなどの管理/運用と現場のセキュリティポリシー運用とを区別して別々に管理でき、現場の業務運営の責任者が現場のセキュリティポリシーの運用を行なうことができる。

 外部記憶デバイス(USBメモリ/CD-Rなど)/P to P接続/IrDA(赤外線通信)/Bluetoothの利用禁止や、不許可ファイルのプリンタ出力禁止、未許可のサーバ/URLへのアクセス禁止、未許可のソフトウェアの実行禁止が可能となっている。現場の責任者が一時的にセキュリティポリシーを変更でき、承認時のみ外部記憶デバイスでのファイル持ち出しを行なうことができる。また、ファイルの書き出し時にデータを暗号化することや、HDDの指定した領域を暗号化することができる。PC操作の各種ログを取得でき、未許可の操作が行なわれた時に警告を出すことができるため、情報漏洩の抑止/予兆発見が可能となっている。ハードウェア/ソフトウェア資産管理の機能も備えている。

 “使用を許可する外部記憶デバイス”リストに未登録のUSBメモリの使用を禁止する機能を備え、市販のUSBメモリでも“ベンダID”と“プロダクトID”を登録できれば制御を有効にすることができる。今回発売された専用USBメモリには、1本1本に固有のIDが登録されているため、IDの重複や、IDを持たないUSBメモリの存在といった不完全性を補うことができ、各利用者が使用するUSBメモリを確実に管理することが可能となる。


出荷日・発売日 2009年5月1日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025765


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ