H&T、指紋認証システムの開発を支援する開発キットを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


H&T、指紋認証システムの開発を支援する開発キットを発売


掲載日:2009/05/01


News

 株式会社ヒューマンテクノロジーズ(H&T)は、Windows上での指紋認証システムの開発を支援する指紋認証開発キット「One Touch for Windows SDK」(SDK:Software Development Kit)を、発売した。

 「One Touch for Windows SDK」は、様々な開発言語をサポートし、C/C++や.NET、COM/ActiveX、Javaなど様々なプログラミングインターフェースを備え、ユーザが使い慣れたプログラム言語で開発することが可能となっている。Citrixの仮想化製品やWindowsターミナルサービス(リモートデスクトップ)に対応し、遠隔地のデスクトップや画面を転送して使用するようなアプリケーション環境でも、手元の指紋リーダで認証を行なうことができる機能を搭載している。また、表面の特殊コーティングにより、乾燥指による冬場での認証精度の低下を解決し、安定性と精度に優れた同社の指紋リーダ「U.are.U」シリーズにも対応している。

 なお価格は、「One Touch for Windows SDK」1式が19万8000円、開発保守サポートが年額15万円、「U.are.U 4500」がオープン価格となっている。


出荷日・発売日 2009年5月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 【シマンテック】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 【シマンテック】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 次世代ファイアウォールの弱点とは? プロキシ技術がいま必要な理由 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。 クラウドセキュリティ対策をワークフローで整理、弱点を補完するCASBの使い方 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025762


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ