ソフトエイジェンシー、IP-PBXにサクサの回線ゲートウェイを対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソフトエイジェンシー、IP-PBXにサクサの回線ゲートウェイを対応


掲載日:2009/05/01


News

 株式会社ソフトエイジェンシーは、サクサ株式会社製の回線ゲートウェイ「BR1000」/「CO1000」で、IP-PBXソフトウェア「Brekeke PBX」上での利用を正式にサポートし、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「BR1000」はISDN最大2回線(2B×2)、「CO1000」はアナログ最大4回線の外線を収容できる回線ゲートウェイ。電話回線をSIP(Session Initiation Protocol)化してIP電話システムとの接続を可能とする。「Brekeke PBX」は、IP電話の回線交換を可能とするIP-PBXソフトウェアで、ビジネス用途に合わせ、容易にIP電話をカスタマイズすることができる。例えば、IP電話を使用して支店間の通話をインターネット経由で無料とすることや、ボイスメールや保留転送など、様々な機能を備えさせることができる。SIPに準拠しており、様々なIP電話会社との接続をサポートしている。

 今回のサポートにより、従来の電話回線を使用し、より柔軟なシステムの構成を選択することが可能となった。


出荷日・発売日 2009年5月1日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IP-PBX」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IP-PBX」関連情報をランダムに表示しています。

「IP-PBX」関連の製品

Office 365とモバイルで働き方改革 Skype for Business 【日本マイクロソフト】 Microsoft Cloud Connector Edition 用Mediant CCE アプライアンス 【日本マイクロソフト】
IP-PBX IP-PBX
働き方改革を実現する上で、多様化するデバイスやコミュニケーションツールをどう生かすべきなのか。事例を基に、その課題に対処するための具体策を探る。 レガシー化した電話環境を進化させるクラウドPBX活用法

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025753


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP-PBX > IP-PBXのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ