NextIT、様々なOSのサーバを保護するCDPソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NextIT、様々なOSのサーバを保護するCDPソリューションを発売


掲載日:2009/04/27


News

 ネクスト・イット株式会社は、ハイアベイラビリティ(高可用性)機能を搭載し、Windows/UNIX/Linux/Macintoshサーバを保護するCDP(継続的データ保護)ソリューション「Z-BYS ES」を、発売した。価格は、54万8000円からとなっている。

 「Z-BYS ES」は、ファルコンストア・ジャパン株式会社のOEM製品。標準添付のエージェント“NSS Client”やオプションのエージェント“DiskSafe”を保護対象サーバにインストールすることで、Windows/Linux/VMware/Solaris/HP-UX/AIX/Mac OS/NetWareでのデータ保護と、Windowsでのシステム保護を可能とする。Linuxのシステム保護への対応も計画されている。


出荷日・発売日 2009年4月23日 発売
価格 54万8000円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

「ストレージ/フラッシュストレージ」に関するアンケート 【富士通株式会社】 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 旧式ストレージがビッグデータ活用の足かせに、英国医療機関が選んだ改善策とは 【EMCジャパン】 主要オールフラッシュ2製品を徹底比較、OLTPなど高負荷での性能の違いは? 【EMCジャパン】 ビッグデータ時代のストレージ選び、ポイントは「拡張性とリニアな性能向上」 【ピュア・ストレージ・ジャパン】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
Amazonギフト券が当たる:フラッシュストレージに関するアンケート実施中 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 旧式ストレージがビッグデータ活用の足かせに、英国医療機関が選んだ改善策とは 主要オールフラッシュ2製品を徹底比較、OLTPなど高負荷での性能の違いは? ビッグデータのリアルタイム活用がより現実的に――ストレージ選択の新たな視点

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025728


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ