OakIS、小規模対応のネットワークフォレンジックサーバを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


OakIS、小規模対応のネットワークフォレンジックサーバを発売


掲載日:2009/04/27


News

 株式会社オーク情報システム(OakIS)は、ネットワークフォレンジック(鑑識)サーバ「NetEvidence」シリーズで、低価格化と省スペース化により、比較的小規模な事業所でも容易に導入できる「NetEvidence Ax」を、発売した。

 「NetEvidence」シリーズは、ネットワークを通過するすべてのパケットを記録/解析し、メールの送受信やWebページの閲覧などを、実際に送受信されたままの状態で長期間保存するアプライアンスサーバ。ネットワーク利用者による不正行為を抑止できるほか、情報漏洩の際には、いつ、誰が、どこへ、どんな情報を、どんな手段で漏洩したかを迅速に特定可能とする。今回発売された「NetEvidence Ax」では、ソフトウェアの再設計によりサーバ1台での処理を可能となり、ハードウェアのダウンサイジングによる低価格化/省スペース化が可能となった。

 検索用インデックスを定期的に自動生成する機能を備えているほか、記録したパケットと検索用インデックスを定期的にNASに保存する構造や、ユーザの検索要求とパケットデータを関連付けるDB構造を採用しており、データ記録中でも検索/閲覧/バックアップが可能となっている。また、タスク管理の採用により、検索手順が簡素化されている。

 ユーザが選択したバックアップ用ストレージに対応でき、柔軟性に優れているほか、外部記憶装置にバックアップしたデータもリストアせずに随時検索することができる。また、各機能がコンポーネント化されており、様々なカスタマイズ要求に容易に対応することができる。ユーザの規模や通信量に応じて複数のバリエーションが用意される予定で、最小構成の価格は300万円台からとなっている。


出荷日・発売日 発売済
価格 最小構成価格:300万円台〜

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 クラウド導入後の「ベンダーロックイン」を回避、バックアップ活用のススメ 【CommVault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 ベンダーロックインを回避 データやワークロードの移植の問題点を解消

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025727


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ