NTTデータ先端技術、FAX機250台分の機能を提供できる機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ先端技術、FAX機250台分の機能を提供できる機器を発売


掲載日:2009/04/27


News

 NTTデータ先端技術株式会社は、ひかり電話ビジネスタイプ(NTT東日本/NTT西日本の法人向けIP電話サービス)に対応し、1台でFAX機最大250台分相当の機能を提供できるFAXサーバ「astima FAXクラスタ」(VS-801FC)を、発売した。価格は、79万8000円(税込、工事費/設定費別)となっている。

 「astima FAXクラスタ」は、幅190mm×奥行き173mm×高さ30mmとコンパクトなアプライアンスサーバ。VoIP(Voice over Internet Protocol)技術により、ひかり電話ビジネスタイプが提供するIP環境上でFAXの送受信を行なう。1台に、ひかり電話ビジネスタイプ8チャネル、最大250番号のFAX番号を設定することができる。オフィスに導入する場合、各利用者ごとに専用のFAX番号を割り当て、各々の番号についてのみFAXの送受信データを閲覧/保存させることができ、情報漏洩の防止などセキュリティの向上を支援する。

 ブラウザから同製品にログインすることで、FAXの送信や受信確認などの日常操作を容易に行なうことができる。管理者権限でログインすることで、FAX番号やグループの設定変更などの運用操作も容易に行なうことができるため、オフィスのレイアウト変更や人事異動の際にも特別な工事が不要となる。また、同製品にメールアドレスを設定し、FAX受信したデータをPDFまたはTIFF形式で電子化し、メールの添付ファイルとして送信することができる。外出先の営業職や在宅勤務の従業員も、社外から受信FAXの内容をタイムリーに確認でき、業務の効率化を図ることができる。

 8チャネルすべてに個別のFAX番号を割り当てる使用方法に加え、クラスタ機能により、複数のチャネルを1つに束ねて使用することができる。同じタイミングで大量のFAX送受信を行なう受発注業務などに導入した場合でも、送受信に自動的に空きチャネルが使用されるため、回線利用を効率化することができる。

 同製品の受信データや自動送信データの格納フォルダは、Windowsの共有フォルダとして外部から参照することができる。ファイルインターフェースを介し、同製品をFAX送受信のフロント装置として位置付け、他システムと連携させることも容易で、FAXサーバをスムーズに現行の運用に組み込むことができる。


出荷日・発売日 2009年4月23日 発売
価格 79万8000円(税込、工事費/設定費別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「通信サービス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025723


IT・IT製品TOP > 通信サービス > IP電話 > IP電話のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ