アンドール、2.5次元CAD/CAMシステムの新版を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アンドール、2.5次元CAD/CAMシステムの新版を発売


掲載日:2009/04/27


News

 アンドール株式会社は、画面上の物体を簡易的に立体表示する2.5次元CAD/CAM(Computer Aided Manufacturing)システム「CAMCORE EXバージョン2.7」を、発売した。

 「CAMCORE EX」は、要素数無制限で大容量データもスムーズに取り込むことができるCAD機能と、優れた操作性で容易にNCデータを作成でき実用性に優れたCAM機能を搭載したCAD/CAMシステム。CADデータと加工工程(CLデータ)を同一ファイル内で管理できるため、形状変更などの場合でも最初からの加工定義は不要で、必要な項目のみ変更することで新たなNCデータを作成することができる。

 今回の新版では、工具情報を作成編集する機能が強化され、工具の種類/回転数/送りなどの条件をExcelのシートで一括管理でき、優れた品質のNCデータを作成可能となった。工具情報入力専用のExcelシートからのインポート機能が追加され、Excelシートでの条件の一括管理が可能となったほか、回転数/送りの条件を容易に確認できるグラフも表示されるため、入力ミスを軽減することができる。また、Excelシートをユーザ側でカスタマイズすることもできる。

 2D(2次元)ミル加工機能が強化され、オープンポケット加工では、オープン形状の開口部分での切削移動に高速送りが可能となったほか、エアーカットでの加工時間増加を抑えることが可能となった。ポケット加工では、コマンドプロパティの“ピッチ”にボタンが追加され、スキャロップハイト(取り残し山の高さ)からピッチを指定可能となった。また、ワーク座標のオプションとして“子座標を使う”機能が追加され、親座標6個、子座標(6×9)54個の計60個までの原点指定が可能となり、更に加工の幅が拡大された。ATCリスト履歴参照機能の強化により、工具番号を編集してNCデータを作成する場合に、過去のATC履歴を参照して工具番号“T番号”/“H番号”/“D番号”を割り振ることが可能となった。

 なお価格は、「基本モジュール」が20万円、「2Dミルモジュール」/「ワイヤーモジュール」が各38万円、「2.5Dオプション」が15万円、「アドバンスコマンド」が5万円で、年間サポート費は別途有料となっている。


出荷日・発売日 2009年4月27日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CAD」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CAD」関連情報をランダムに表示しています。

「CAD」関連の製品

3次元CAD「SOLIDWORKS」 【NEC】
CAD
豊富な2次元/3次元設計機能を備え、直感的な操作と高パフォーマンスを実現した3次元CAD。価格と機能のバランスの取れたミッドレンジ製品であり、国内トップシェアを誇る。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025722


IT・IT製品TOP > PCソフト > CAD > CADのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ