JBAT、情報分析ツールに情報連携機能を搭載した製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


JBAT、情報分析ツールに情報連携機能を搭載した製品を発売


掲載日:2009/04/24


News

 JBアドバンスト・テクノロジー株式会社(JBAT)は、顧客業務のIT化を支援する「Customer Vision」シリーズの意志決定支援ソリューションでWebブラウザを利用した情報分析ツール「WebReport 2.0」に、情報連携機能を搭載した新製品「WebReport 2.0 Datamart」を、発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「WebReport 2.0 Datamart」は、社内に分散したデータを照会専用DB(データマート)に集め、スムーズな分析や集計を可能とする情報活用ツール。様々な種類のDBを容易に接続でき、視覚的な操作で自由にデータ収集することができる。スケジューラを利用した自動運用が可能で、アクセス制御によりセキュリティを確保している。これらにより、“実績・状況の視える化”や“顧客・商品情報の共有”を可能とすることで、ユーザのビジネス拡大のための的確な意志決定を支援する。

 同時ログオンが20ユーザ/50ユーザ/100ユーザの3製品が用意されている。また、「WebReport 2.0」を利用中のユーザ向けの製品「Datamart for WebReport 2.0」も発売する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025717


IT・IT製品TOP > データ分析 > BA > BAのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ