日本HP、4色独立インクのビジネス向けインクジェット4機種を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、4色独立インクのビジネス向けインクジェット4機種を発売


掲載日:2009/04/24


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、大容量4色独立インクを採用した、ビジネス向けインクジェット4機種を、4月24日より順次発売する。

 今回発売されるのは、低価格カラーレーザー複合機に比べ印刷コストと消費電力を約50%(HP調べ)に削減できる、A4対応複合機「HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One」とA4対応プリンタ「HP Officejet Pro 8000」と、廉価でランニングコストを低減でき印刷/スキャン/コピー/FAXに対応したコンパクトなA4対応複合機「HP Officejet 6500 Wireless All-in-One」/「HP Officejet 6500 All-in-One」(オンラインショップ専用モデル)の計4機種。

 用紙を節約できる“自動両面印刷機能”を標準搭載(「6500 All-in-One」は非対応)し、Webページの印刷を効率化できるソフトウェア「HP Smart Web Printing」を標準添付するなど、印刷コストを削減することができる。4色独立インクシステム搭載により、A4カラー文書を「Pro 8500/8000」は1枚6.6円、「6500」は7.6円で印刷することができる。黒インクカートリッジに増量タイプが用意され、インク交換の手間とコストを削減することができる。「Pro 8500/8000」では顔料インクを全色に採用し、「6500」では顔料黒インクと染料カラーインクの組み合わせを採用している。

 「HP Officejet Pro 8500 Wireless All-in-One」は、“デジタルSEND”機能により、スキャン/FAX受信データを指定したネットワークフォルダやメールアドレスに直接送信でき、送信データ確認後に印刷することができる。無線/有線LANや3.4インチカラータッチスクリーンなどの機能も搭載している。「HP Officejet Pro 8000」は、最高毎分モノクロ35枚/カラー34枚の印刷が可能なほか、有線LANや大容量給紙(オプションで500枚まで対応)など、オフィスでの大量印刷に適している。

 「HP Officejet 6500 Wireless All-in-One」は、最高毎分モノクロ32枚/カラー31枚印刷できるほか、無線/有線LANや35枚対応ADF(自動原稿送り装置)などの機能を標準搭載している。受信したFAXデータは内蔵メモリ内に保存可能で、電源をオフにしても保持することができる。「HP Officejet 6500 All-in-One」は、35枚対応ADFや有線LAN、250枚の大容量給紙などを標準搭載している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025713


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ