富士通、プロセス産業向けの原価損益管理パッケージを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通、プロセス産業向けの原価損益管理パッケージを出荷


掲載日:2009/04/23


News

 富士通株式会社は、化学、医薬品、鉄鋼、非鉄金属、窒業、ガラス、紙/パルプなどプロセス産業向けの基幹業務パッケージ「GLOVIA/Process C1」で、原価損益管理パッケージ「GLOVIA/Process C1 V4 損益計算オプション」を、出荷した。価格は、個別見積となっている。

 「損益計算オプション」は、原価管理パッケージ「GLOVIA/Process C1 V4 原価管理」と連携させることで、原価管理領域から損益管理領域まで幅広く、かつ柔軟な事業管理を可能とする原価損益管理パッケージ。原材料価格の変動や、景気の動向に応じた売価や生産販売量の調整など、経済事象や生産体制の変化による影響を加味して、将来の原価損益のシミュレーションを行なうことができる。また、入力テンプレートを活用することで、過去の実績データなどの抽出や、必要データの修正、アップロードなどの一連のシミュレーション作業を効率的に実施することができる。

 外部から取得した売上情報から“損益管理単位”(営業部門/得意先/製品/最終用途など)を識別し、個々の単位での損益の算出を可能とすることで、損益管理の精度を向上させることができる。また、計算結果をBI(ビジネスインテリジェンス)などのツールを用いて多角的に分析することで、それらの情報を経営報告資料などの作成に活用することができる。

 「原価管理」で算出した製品別売上原価や売上情報などを用いて、財務分析や改善のための製品別損益を、限界利益/営業利益/経常利益まで算出することができる。また、販売費や一般管理費などの間接費を損益の把握単位に配賦する機能を備えているため、企業全体損益における製品別の貢献度を容易に把握することができる。

 これらにより、原価損益の実績を詳細に管理/分析することや、必要に応じて将来のシミュレーションも可能となるため、経営環境の変化を先取りした事業管理品質の強化を図ることが可能となる。今後、棚卸資産の低価法(資産の取得原価と時価のいずれか低い方の価額を期末資産の評価額とする資産の評価基準)適用に関して、業務を効率化するパッケージ「GLOVIA/Process C1 V4 低価法オプション」の提供も予定されている。


出荷日・発売日 2009年4月21日 出荷
価格 個別見積

関連キーワード

「富士通」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

MJSLINK NX-I 【ミロク情報サービス】 経費精算ワークフロー for SuperStream-NX 【キヤノンITソリューションズ】 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 【キリバ・ジャパン】 交通費・経費精算クラウド 経費BankII 【SBIビジネス・ソリューションズ】 領収書の自動取得からICカード対応まで、経費精算の注目機能を低コストで導入 【マネーフォワード】
会計システム 会計システム 会計システム 会計システム 会計システム
上場準備を支えた影に会計システムあり。きめ細かな訪問指導で問題も解決。 会計・人事ソリューションSuperStreamと連携して利用でき、将来的な拡張も可能な経費精算の申請・精算のソリューション。 財務の視点から見る、ITで競争優位を生み出すための7つの注力分野 交通費・経費精算をスマートフォンやWebで申請できるクラウドサービス。駅すぱあと連携、仕訳データ出力、FBデータ作成ができ、作業時間の短縮、効率化が可能。 領収書の自動取得からICカード対応まで、経費精算の注目機能を低コストで導入

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025698


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ