ロジテック、Windows Storage Serverを搭載した500GBのNASを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ロジテック、Windows Storage Serverを搭載した500GBのNASを発売


掲載日:2009/04/21


News

 ロジテック株式会社は、企業/SOHO向けのボックス型NAS「梅(LSV-JBシリーズ)」で、容量500GBのHDDを内蔵した「LSV-JB500/1C」を、4月下旬より発売する。価格は、9万8800円となっている。

 「LSV-JB500/1C」は、幅105.0mm×奥行き240.0mm×高さ185.0mmとコンパクトで、ファイルサービスとプリントサービスに特化したWindowsサーバOS「Windows Storage Server 2003 R2」を搭載したNAS。前面に、IPアドレス/サーバ名/日時/MACアドレスなどを表示する液晶パネルを搭載し、複数台設置した場合も容易に管理することができる。設定や管理は、WindowsクライアントPCからリモートで、同製品に内蔵された管理ツールを操作して行なう。障害やイベントの発生をメールで通知する機能も搭載している。

 1000BASE-T対応LANポートや省電力型のCPU「VIA C7」(1.0GHz)、1GBのメモリを搭載し、複数のクライアントから同時アクセスが行なわれた場合でも、処理能力を維持することができる。低消費電力設計のため、常時起動して使用する環境でも運用コストを抑えることができる。HDDは流体軸受ドライブを採用しているため、静音性/耐衝撃性にも優れている。UPSを接続するためのシリアルポート(RS-232C準拠)とUSB2.0ポートを搭載しており、APC社のUPS「Smart-UPS」を接続した場合は、停電時に自動的にNASのシャットダウン処理を行なうことができる。

 Windows Storage Server 2003 R2搭載により、Windowsドメイン(Active Directory:AD、Windowsに搭載されているディレクトリサービス)環境下のユーザ情報が利用できるため、導入時のセットアップを迅速に行なうことができる。ADを利用したセキュリティ管理により、セキュリティ環境を構築することもできる。また、クライアントライセンス料が不要なため、廉価に導入することができる。ウイルスチェックやバックアップなどストレージ管理に関するアプリケーションを同製品にインストールでき、システム構成やネットワーク環境に応じてアプリケーションを選択することもできる。

 1年間の保証期間が付属するほか、オプションでオンサイト保守(技術者が訪問する保守方式)が用意されている。これらにより、Windows Serverを導入済みで、部門別のNASを増設したい企業や、ファイル共有を簡便/廉価に導入したいSOHO環境に適している。


出荷日・発売日 2009年4月下旬 発売
価格 9万8800円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

ハイブリッド型ストレージ Nimble Storage 【アセンテック】 データ保全アプライアンス STOREND 【アーク・システムマネジメント】 オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能 【日商エレクトロニクス】
NAS NAS NAS NAS NAS
フラッシュメモリを最適に活用する独自技術「CASL」により高速性とコスト効率を両立するハイブリッド型ストレージ。2010年の発売からわずか3年で世界の1750社が導入。 専門知識なしでデータバックアップ/リカバリーが行えるNAS。
ハイエンド製品と同様の機能・容量を備えながら、コストを抑えて提供。
オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 ダイハツ工業が挑んだストレージ刷新――目指すは小型車のような省エネ・高性能

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025674


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ