EMCジャパン、仮想データセンタ向けハイエンドストレージを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EMCジャパン、仮想データセンタ向けハイエンドストレージを提供


掲載日:2009/04/17


News

 EMCジャパン株式会社は、企業データセンタ向けの新アーキテクチャ「EMC Virtual Matrixアーキテクチャ」を発表し、同アーキテクチャを採用した仮想データセンタ向けハイエンドストレージ「EMC Symmetrix V-Max」の提供を、開始した。

 「EMC Virtual Matrix アーキテクチャ」は、システムの容量を数百ペタバイト、IOPS(1秒あたりの入力/出力)を数千万までに拡張できるほか、仮想データセンタ間の垣根を越えて、数十万台のVMwareやその他の仮想サーバを、単一のストレージインフラストラクチャでサポートできるアーキテクチャ。業界標準のコンポーネントと同社のストレージ「Symmetrix」の機能を組み合わせることで、ストレージの物理的な制約を排除し、ストレージ管理を容易にする自動化を可能とする。

 今回提供される「Symmetrix V-Max」では、同アーキテクチャの採用と、強化されたエンジン“Symmetrix V-Max エンジン”により、拡張性とパフォーマンス、自動管理機能が強化されている。同エンジンは、クアッドコアXeonプロセッサを4個搭載し、最大128GBのグローバルメモリ(キャッシュ)と最大16台のホスト、16のドライブチャネル接続に対応する。同アーキテクチャの採用により、相互接続とリソース共有が可能となったため、「Symmetrix V-Max」ではグローバルメモリを1024GBまで拡張することができる。これにより、容易なスケールアウト(拡張)や、仮想マシンやアプリケーションの動的な追加/移行を可能とする。

 同製品により、仮想サーバ環境では、ストレージのプロビジョニング(配置)を自動化し、プロビジョニングの所要時間と複雑さを低減することができる。様々なVMwareの機能と統合することで、サーバリソースとストレージリソースの両方でオンデマンドでのプロビジョニングの実行が可能となり、一元管理/レポート/制御の機能が提供される。また、階層型ストレージ環境では、様々なストレージ階層(RAID、フラッシュドライブ、ファイバチャネルディスクドライブ、SATA(Serial ATA)ディスクドライブなど)に、ビジネス要件に基づいて無停止でデータを再配置することができる。

 なお同社は、ビジネスポリシーや予測モデル、リアルタイムアクセスのパターンに基づいて、多数のストレージ階層にわたるデータ移動を自動化できる「FAST」を、2009年後半より発売する予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

フラッシュストレージに関するアンケート 【ネットアップ】
その他ストレージ関連
ギフト券が当たる★フラッシュストレージに関するアンケート

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025648


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ