Nexsan、高可用性と拡張性を備えたiSCSI SANストレージを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Nexsan、高可用性と拡張性を備えたiSCSI SANストレージを発売


掲載日:2009/04/17


News

 Nexsan Technologies,Inc.は、高可用性と拡張性を備えたiSCSI(Internet SCSI)SANストレージアプライアンス「Nexsan iSeries」を、日本で発売した。

 「Nexsan iSeries」は、iSCSIをサーバ向けインターフェースに、FC(ファイバチャネル)をストレージインターフェースに採用したストレージアプライアンス。アプリケーション要求に合わせてSAS(Serial Attached SCSI)ドライブとSATA(Serial ATA)ドライブの混在搭載も可能な階層化ストレージ構成にも対応している。また、ライセンスキーのような隠れたコストが存在しないため、アプライアンスへ追加投資せずに、システムの拡大にあわせたスムーズな拡張が可能となっている。200サーバの接続や数千単位のボリューム数(ボリュームあたり最大64TB)に対応している。

 仮想化環境のメトロクラスタ(大都市圏の範囲に地理的に分散したクラスタ)環境向けに、冗長性を備えたサービスを提供することで、ソフトウェアのアップグレード時やシステム停止時でも即座に、自動的にストレージサービスをフェイルオーバし、継続的なアクセスを可能とする。また、ローカル内や他拠点の複数のストレージシステム間でのデータミラーリングや、ボリュームあたりの複数のスナップショットの作成、同期/非同期のデータレプリケーションへの対応により、災害時やデータ障害時に安全にデータを保護することができる。また、これらのデータ保護機能を、単一のインターフェースで容易に集中管理することができる。

 同製品が統合する同社のストレージシステムは、省エネ技術“AutoMAID機能”を備え、アイドル状態のディスクドライブをレベル別にコントロールし、パフォーマンスへの影響を抑えながら消費電力を最大60%削減することができる。また、ストレージの仮想化により、更に電力とコストを削減でき、データセンタの設置スペースを抑えることができる。

 中小企業向けの「200i」と、ミッドレンジからエンタープライズ向けの「400i」が用意されている。「200i」は、iSCSIポートとFCポートを2つずつ備え、最大500TB/最大100ストレージシステムに対応する。「400i」は、3つのiSCSIポートと4つのFCポートを備え、最大1PB/最大200ストレージシステムに対応し、冗長電源を備えている。


出荷日・発売日 2009年4月15日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「ネクサン テクノロジーズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025647


IT・IT製品TOP > ストレージ > SAN > SANのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ