NTTデータ、オープンソース統合運用管理ソフトの新版などを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータ、オープンソース統合運用管理ソフトの新版などを提供


掲載日:2009/04/15


News

 株式会社NTTデータは、機能強化を図ったオープンソース統合運用管理ソフトウェアの新バージョン「Hinemos Ver.3.1」を、公開した。また、仮想化環境を管理するための「VM管理オプション」を、5月1日より「Hinemos」パートナーへ提供する。

 「Hinemos」は、システム監視とジョブ管理を備え、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開されている統合運用管理ソフトウェア。今回の新バージョンでは、管理対象プラットフォームとしてWindows Server 2008に対応した。また、各種監視機能として、SNMP(Simple Network Management Protocol)に加え、適切に設定されたRed Hat Enterprise LinuxについてWBEM(Web-Based Enterprise Management)を利用した管理に対応した。Webサーバ監視では、従来からのHTTPに加えHTTPSに対応し、セキュアなWebも監視対象に加えることが可能となった。SMTP-AUTHにも対応し、メール送信時に使用するメールサーバが認証を必要とする場合でも対応可能となっている。

 「Hinemos VM管理オプション」は、様々な仮想ソフトウェアにより構成された仮想化環境を「Hinemos」で効率的に運用するための機能。仮想化環境上の仮想マシンと、仮想化されていない通常のマシンの混在した環境で、一元的にシステム全体を管理可能とする。物理マシンと仮想マシンの対応付けを、同オプションを導入した「Hinemos」上で自動的に管理でき、仮想マシンの起動停止を「Hinemos」から実施することもできる。

 仮想マシンのリソース監視も可能で、仮想マシンからは直接取得できない正確なリソース使用状況や、リソース不足量といった仮想化環境特有の情報を取得することができる。今回のリリースでは仮想ソフトウェアとして「VMware ESXi」に対応しており、将来的にほかの仮想ソフトウェアにも対応していく予定。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

ビジネス変革を目指す企業が導入すべき「攻めのITインフラ」とは 【ネットワンシステムズ株式会社】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? 【日本ヒューレット・パッカード】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 ITIL運用の最適解は? “残念なIT部門”を変えるITサービス管理ツールの条件 【クレオ】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「攻めのIT」に足りないものは? 理想のインフラを実現する条件 年間約2100万人365日運航を支える「業務支援ツール」導入事例 技術者不足でも運用を効率化、事前対策的トラブルシューティングの手法とは? オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
システムの運用管理基準ITIL、注目の「ライフサイクル管理」とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025627


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ