提携:インフォトレンドなど、サーバデータ高速復旧でBCPを支援

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


提携:インフォトレンドなど、サーバデータ高速復旧でBCPを支援


掲載日:2009/04/10


News

 株式会社インフォトレンドジャパンと沖電気ネットワークインテグレーション株式会社(OKINET)、ファルコンストア・ジャパン株式会社は協業し、サーバデータを確実/迅速にバックアップ/リストアしてユーザのBCP(事業継続計画)を支援するソリューション「サーバBCP支援パック」の提供を、開始した。OKINETから販売される。

 「サーバBCP支援パック」では、インフォトレンドのストレージ装置「EonStor」シリーズと、ファルコンストアのリカバリ製品「FalconStor CDP」を利用し、OKINETが全体的なシステムインテグレーションを行なう。保護対象のサーバに専用ソフトウェア“バックアップエージェント”をインストールすることで、同ソフトウェアが、定期的または継続的に変更のあった差分データをブロック単位(4〜8KB)でバックアップサーバに保存する。

 これにより、従来のファイル単位のバックアップに比べネットワークトラフィックを抑えたWAN越しのバックアップが可能となるため、バックアップしたデータを遠隔地に保存することが可能となり、ディザスタリカバリ(災害復旧)対策を支援する。また、保護対象のサーバからバックアップしたデータをそのまま仮想ディスクとして参照させることができるため、軽微な障害であればサーバのデータ参照先を変更することで、5分程度でリカバリすることができる。

 これらにより、迅速なシステム復旧が可能となり、ウイルスや誤操作に加え、災害などによるサーバデータの消失時でも事業継続に有効なシステムを構築することができる。なお価格は、最小システム構成で600万円から(SI/保守費用を除く)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 最小システム構成:600万円〜(SI/保守費用を除く)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】 データ保護に関するアンケート 【ネットワールド/arcserve Japan】 高速バックアップ/リカバリ 「System Recovery」 【ベリタステクノロジーズ】 いかなる状況でも基幹業務の停止を許さない、鉄壁のリスクマネジメントとは? 【アクロニス・ジャパン】 イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 【Google Homeが当たる】データ保護についてのアンケート サーバ、ノートPC、仮想マシンに対応する「高速バックアップ/リカバリソリューション」。Windows Server 2016、SQL 2016など、Microsoft社の最新製品にも対応。 いかなる状況でも基幹業務の停止を許さない、鉄壁のリスクマネジメントとは? 稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025581


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ