ネオジャパン、ファイル送信システムのセキュリティなどを強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ネオジャパン、ファイル送信システムのセキュリティなどを強化


掲載日:2009/04/10


News

 株式会社ネオジャパンは、大容量ファイル送信システム「desknet’s DAX EXTRA」で、セキュリティ機能と操作性を向上させた新バージョン「V2.0」の提供を、開始した。

 「DAX EXTRA」は、メールへの添付では送るのが困難な大容量データ(Excel/Word文書、カタログ/写真などのイメージ、CADデータなど)を、容易/安全/確実/迅速に送付できるファイル送信システム。同システムのメール作成画面から、メール添付と同様の操作でファイルをアップロードし、メールを送信することで、相手先にメール本文とパスワード、ファイルのダウンロードURLのみが通知され、そのURLからファイルをダウンロードすることができる。送信者は送信履歴から相手先のダウンロード履歴を確認することができる。

 今回の新版では、Pマーク(プライバシーマーク)/ISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)取得企業のニーズを考慮し、人為的なミスや情報漏洩への対策といったセキュリティ機能が強化されたほか、操作性の向上が行なわれている。送受信者によるファイルのアップロード/ダウンロード通信にHTTPSを使用可能となり、データはネットワーク上で暗号化され、安全なデータの授受が可能となった。また、ファイルのダウンロードにはパスワード入力が必要となり、パスワードは画像イメージ化されて相手先にメール添付で通知される。これにより、パスワードの盗聴や、なりすましによるダウンロードからデータを保護でき、更にパスワードの入力回数制限やパスワード強度(英数8文字混合を必須とするなど)の設定により、パスワード攻撃からデータを保護することができる。ワンクリックで乱数を発行できる“パスワード自動発行機能”も標準装備された。

 設定により一定時間経過後に相手先に送付することが可能となり、誤送信対策として、送信前であれば中止できるほか、送信後でも相手先がダウンロードする前に送信履歴からダウンロードを中止することができる。送信履歴を削除不能とする設定が可能で、大容量データの送信履歴を証跡として残すことで、人為的な情報漏洩の抑止を図ることができる。また、ファイルのドラッグ&ドロップにより、PC上の複数ファイルをまとめて同システムのサーバへアップロードでき、アップロード時にデータを自動で圧縮する機能も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「ネオジャパン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント 【日本電気】 Windows/Linux 向け暗号化ソリューション SecureDB for SME 【セキュア・ディー・ビー・ジャパン】 ファイルの暗号化と閲覧停止 秘文 Data Protection 【日立ソリューションズ】 機密情報ファイルの漏洩対策 DataClasys(データクレシス) 【ネスコ】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 ファイル暗号化の落とし穴、「まさか」を防ぐ4つのポイント DBからの情報漏えい対策に特化した暗号化ソリューション。導入時、DBやアプリケーションの変更が不要。稼働時にパフォーマンスに影響をほとんど与えない。 ファイルの暗号化と社外に渡した後でも閲覧停止にできる機能で、情報の不正利用や拡散を防止。
流出の予兆を自動的に検知する機能やファイルの編集禁止機能も搭載。
様々なファイルの暗号化・利用権限設定により、情報漏洩を防止するDRM・IRM製品。権限者は暗号化したまま通常操作で利用可能。海外拠点からの二次漏洩も防止できる。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025579


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ