日本恒生、「中国における暗号化製品使用申請支援サービス」提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本恒生、「中国における暗号化製品使用申請支援サービス」提供


掲載日:2009/04/08


News

 日本恒生ソフトウェア株式会社は、中国の恒生電子股フェン(フェンは人偏に分)有限公司と共同で、中国への暗号化製品の持ち込みを規制する“商用暗号管理条例”への対応を支援する「中国における暗号化製品使用申請支援サービス」の提供を、開始した。

 「中国における暗号化製品使用申請支援サービス」は、海外製の暗号化製品を中国に持ち込み使用する際に義務付けられた“国家暗号管理局”への申請など、“商用暗号管理条例”に対応する日本企業のコンプライアンス強化を支援するサービス。日本のユーザ窓口として日本恒生が暗号化製品の内容や説明文書の中国語翻訳、使用形態のアドバイスなどを行ない、実際の翻訳や、中国当局への申請、審査への対応は恒生電子が行なう。

 「申請支援サービス」では、暗号化製品の利用形態を調査し、申請方法や申請内容、期間、予算を検討する。また、中国暗号管理局への申請書類の作成代行や、必要書類の中国語への翻訳、当局への申請手続きの代行、当局とのQ&A対応、内容審査への対応などを行ない、中国政府より発行された製品使用許可証を提供する。「アフターサービス」では、許可内容やその他情報に関する問い合わせに対応するほか、中国国内での運用支援や、中国駐在者/出張者などに対する支援サービス、当局への対応のサポートが提供される。

 「保証サービス」は、中国現地法人を設立していないユーザが中国で暗号化製品を利用申請する際に、恒生電子または代理人としての弁護士が保証人となり代理申請を行なうサービス。中国への出張者に対する当局への保証や、出張者の中国での暗号化製品使用に関する履歴管理、当局への代理人としての対応を提供する。なお価格は、「申請支援サービス」が1件につき50万円から、「アフターサービス」が年間10万円から、「保証サービス」が1件につき30万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

ドキュメント保護「活文 Document Rights Manager」 【日立ソリューションズ】 nShield HSM ファミリー 【タレスジャパン】 PC/メディア/共有フォルダの暗号化 秘文 Data Encryption 【日立ソリューションズ】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 ファイル暗号化ソフト CyberCrypt Ver.4.2(Windows10対応) 【オーク情報システム】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
情報の保管・利用場所に依存せず、不正利用を防止する。文書が流出しても権限がなければ閲覧できないだけでなく、文書を後から失効することで、万が一の事後対策が可能。 鍵のライフサイクル管理と暗号処理。信頼の要となる鍵をソフトウエアから分離して強力に保護することが可能。HSMの導入、強固な鍵管理により企業の「信頼」を守る。 データを暗号化し、内部不正や盗難・紛失、マルウェアによる漏洩リスクから情報を保護する。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 ファイル・フォルダ単位の暗号化ソフト。監査や緊急時には企業で1つ所有する「マスターキー」で復号できる。鍵管理サーバによる運用・管理は不要。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025555


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ