キヤノン、高速/高精細に読み取れるフラットベッドスキャナ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノン、高速/高精細に読み取れるフラットベッドスキャナ発売


掲載日:2009/04/07


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社は、フラットベッドスキャナ「CanoScan」シリーズで、9600dpiのフィルムスキャンに対応した「CanoScan LiDE 700F」を、4月上旬より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「CanoScan LiDE 700F」は、キヤノンの“LIDE”技術(LED InDirect Exposure:LED(発光ダイオード)間接露光読み取り方式)を採用したCIS(コンタクトイメージセンサ)タイプのフラットベッドスキャナ。A4カラー文書原稿を約12秒(300dpiスキャン時)と迅速に読み取ることができるほか、フィルムを最高9600dpi/48ビット(RGB各色16ビット)で高精細にスキャンすることもできる。搭載しているCISは、原稿を縮小せず実際の幅のまま読み取るため、端部のゆがみを抑えた鮮明な画像を得ることができる。

 USBバスパワーに対応しているため電源コードは不要で、USBケーブルでPCと接続することで直ちにスキャン可能となる。使用環境に応じて、折りたたみ式スタンドを使用した“立て置き”と、平置き時の“縦向き”/“横向き”の3通りから設置形態を選択することができる。また、“COPY”/“SCAN”/“PDF”など使用頻度の高い機能に専用の”EZボタン”を用意しており容易に操作することができる。“おまかせスキャン”搭載により、スキャンボタンを押すことで原稿の種類を自動判別し、原稿に適した設定でスキャンして保存することができる。

 スキャンした原稿や写真を自動で分類/表示できるほか、画像の補正や加工も可能となっている。標準同梱の入力統合ソフトウェア「MP Navigator EX」を利用することで、PDFファイルの作成/編集なども容易に行なうことができるほか、PDFファイルにパスワードを設定して閲覧/印刷や編集機能を制限することもできる。また、同梱の「読取革命Lite」(パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社製)を使用することで、スキャンした画像からテキストを抽出し、テキストデータとして利用することができる。

 “画像貼り合わせ機能”により、原稿台に収まらないA3/B4サイズの原稿を2回に分けてスキャンし、後から1ページに貼り合わせることができる。また、“とじ部の影補正機能”により、本や雑誌のスキャン時に発生する、とじ部の影を低減することができる。


出荷日・発売日 2009年4月上旬 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025545


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ