dit、LANアナライザ新版とパケットキャプチャエンジン機器を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


dit、LANアナライザ新版とパケットキャプチャエンジン機器を発売


掲載日:2009/04/06


News

 株式会社ディアイティは、米WildPacketsのLANアナライザ「OmniPeek」シリーズの新バージョン「6.0」と、分散したネットワークの監視管理ソリューション「OmniPeek Network Solution」のパケットキャプチャエンジンアプライアンス「OmniPliance Network Recorder」(有線用)/「OmniRFGrabber」(無線用)を、発売した。

 「OmniPeek」は、特別なハードが不要で、既存のPCにインストールすることで利用でき、コストパフォーマンスに優れたLANアナライザ。発生しているトラブルの切り分け/原因究明が容易で、トラブルシューティングに適している。今回の新バージョンでは、従来ネットワークデータのみに対応していたダッシュボードやレポート機能を、VoIPやVideo over IPの解析に取り入れることで、QoSやQoE(quality of experience:ユーザが感じたサービス品質)を容易に管理可能となった。

 シスコ社の呼制御プロトコルSCCPや、アバイア社のCCMS(Control Channel Message Set)、更にSIP(Session Initiation Protocol)やH.323(音声/動画通信プロトコルの標準)、RTSP(Real Time Streaming Protocol)、MGCP(Media Gateway Control Protocol)にも対応した。ユーザインターフェースにはタブ切換などの機能が追加され、使い勝手を向上させている。

 「OmniPliance Network Recorder」は、64ビットに対応したLinuxベースの、10/100Mbpsイーサネットや1Gbps/10Gbpsの有線LAN用パケットキャプチャエンジンアプライアンス。MPLS(マルチプロトコルラベルスイッチング)/VLAN(バーチャルLAN)にも対応している。「OmniRFGrabber」は、IEEE802.11a/b/g/nに対応した無線LAN用のパケットキャプチャエンジンアプライアンスで、内蔵のプラグインを利用することでローミング状況の把握も可能となっている。

 これらを組み合わせることで、分散したマルチメディアネットワークの管理/監視/ヘルスチェック/フォレンジックを容易に行なうことができる。なお価格は、「OmniPeekシリーズ6.0」が21万8000円から、「OmniPliance Network Recorder」が248万円、「OmniRFGrabber」が28万7000円となっている。


出荷日・発売日 2009年4月6日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワーク管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワーク管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ネットワーク管理」関連の製品

NetCrunch(ネットクランチ) 【情報工房】 検疫ネットワーク・IT機器管理 iNetSecシリーズ 【PFU】 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 【ネットワールド】 古くて新しい「ネットワークの自動化」を現実のものにする具体的な方法 【ジュニパーネットワークス株式会社】 SaaSが遅くて使えない そんな時、まず疑うべきポイントとは 【ジュニパーネットワークス株式会社】
ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理 ネットワーク管理
中小規模ネットワーク向けの統合型監視・管理ツール。グラフィカルなインターフェースと直感的な操作方法が特長。エージェントレスなので簡単導入が可能。 iNetSecは、企業で利用されているPC・スマートデバイスなどの様々なIT機器の把握・不正接続防止・利用者認証・ポリシー徹底によりセキュリティ対策を支援。 セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決 新技術で変わる「ネットワークの自動化」 次世代運用の鍵は? SaaSが遅くて使えない そんな時、まず疑うべきポイントとは

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025521


IT・IT製品TOP > 運用管理 > ネットワーク管理 > ネットワーク管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ