日本HP、仮想化管理環境を迅速/容易に導入できるサービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、仮想化管理環境を迅速/容易に導入できるサービスを発売


掲載日:2009/04/02


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社(日本HP)は、仮想化環境を統合的に管理できるソフトウェア「HP Insight Dynamics-VSE」(ID-VSE)の導入を支援するパッケージサービス「HP Care Pack ID-VSEスタートアップサービス」を、発売した。

 「ID-VSE」は、「HP ProLiant」サーバ/「HP Integrity」サーバ上の物理/仮想リソースのキャパシティを分析し、プロビジョニング(システム構成/変更/移動など)を可能とすることで、物理環境/仮想環境の種類を問わず統合管理できるソリューション。今回発売された「HP Care Pack ID-VSEスタートアップサービス」では、事前の作業計画からスタートアップ作業、製品の動作確認、オリエンテーション、作業報告まで、「ID-VSE」の機能を導入するための一連の作業が包括的に提供される。

 作業計画では、同社のエンジニアがユーザと協力して、稼働に適合したサーバ環境なのかを事前に確認し、スムーズな導入を可能とする。ユーザ指定の構成パラメータの確認やスタートアップ作業のスケジュール調整も行なわれる。スタートアップ作業では、ユーザと合意した指定構成やパラメータに基づいて、「ID-VSE」導入のためのサーバ設定の変更やソフトウェアのインストール、監視対象の「SIM」(「HP Systems Insight Manager」:サーバ管理ツール)への登録、監視対象WindowsサーバへのOpenSSH(Open Secure Shell:SSHプロトコルを利用するためのソフトウェア)とエージェント(常駐ソフト)の展開、インストールなどが実施される。

 製品の動作確認では、同社所定の確認手順による製品の動作検証と、スタートアップ作業で設定したパラメータの確認が行なわれる。オリエンテーションでは、「ID-VSE」に関連する各種ソフトウェアの操作手順を詳しく説明することで、最新バージョンで追加された機能を含め、様々な機能を有効活用することが可能となる。また、作業報告では、同社所定の書式によるスタートアップ作業報告が提出される。これらにより、従来は「ID-VSE」の導入が困難であった中堅規模ユーザに対しても、仮想環境の統合管理によるシステム管理効率の向上や工数削減を支援する。


出荷日・発売日 2009年3月31日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「システムインテグレーション」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「システムインテグレーション」関連情報をランダムに表示しています。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025486


IT・IT製品TOP > 開発 > システムインテグレーション > システムインテグレーションのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ