日本HP、要件/テストを全社レベルで統合管理可能なソフトを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、要件/テストを全社レベルで統合管理可能なソフトを発売


掲載日:2009/04/01


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、システム開発時の要件管理とテスト管理を統合し、アプリケーション品質の管理と全社レベルの品質プロセスの標準化を支援するソフトウェアソリューション「HP Quality Center 10.0」を、発売した。

 「HP Quality Center 10.0」では、要件/テスト/ビジネスコンポーネントといったテスト資産に対する変更の履歴が、バージョン管理機能により管理される。これらの資産を変更する際は、チェックアウト/チェックインすることで、変更の重複による不一致を防ぐことができる。変更を加えられた資産に対してはバージョン番号がつけられて管理されるため、以前のバージョンの内容を表示することや、異なるバージョンの内容を比較することができる。また、すべての変更に対する監査証跡が記録される。

 任意の時点のテスト資産の内容をベースライン(基準点)としてキャプチャでき、必要に応じてベースラインの内容を再現できるほか、異なるベースライン間やベースラインと現在の内容とを比較することもできる。また、自動機能テストツール「HP Quick Test Professional software」で作成/使用される共有オブジェクトレポジトリや関数ライブラリ、データテーブルなどのテストリソースを「HP Quality Center 10.0」内で集中的に管理できるため、テストリソースを容易に管理/共有することができる。バージョン管理は、これらのテストリソースに対しても行なわれる。

 「Starter Edition」/「Enterprise」/「Premier」の3つのエディションで構成されており、「Premier」では、プロセス設定支援機能により、テンプレートプロジェクトに指定したカスタマイズを各プロジェクトに自動的に配布でき、プロジェクト間で共通に適用すべき品質プロセスを容易に反映させて品質プロセスの標準化を図ることができる。また、プロジェクト間の要件/テストの再利用機能により、他のプロジェクトで定義されている内容をインポートして再利用できるため、異なるプロジェクトでも共通の品質基準に基づいてテストでき、企業レベルでの品質レベルの向上を図ることができる。


出荷日・発売日 2009年4月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「テストツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「テストツール」関連情報をランダムに表示しています。

「テストツール」関連の製品

WebアプリケーションUIテスト自動化ツール Developer Caretaker 【NDIソリューションズ】
テストツール
WebアプリケーションのUIテストに特化したシンプルな自動化ツール。テストの自動化による継続的な品質マネジメントで、テストや管理の効率化、品質の均質化を実現できる。

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025479


IT・IT製品TOP > 開発 > テストツール > テストツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ