日商エレ、「GRANDIT」とBIツールの連携インターフェースを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日商エレ、「GRANDIT」とBIツールの連携インターフェースを発売


掲載日:2009/04/01


News

 日商エレクトロニクス株式会社は、Web型ERPパッケージ「GRANDIT」とBIツールを連携する汎用インターフェース製品「BIツール汎用インターフェースfor GRANDIT」を、発売した。

 「BIツール汎用インターフェースfor GRANDIT」は、「GRANDIT」との連携において、「GRANDIT」標準装備のBI機能をより使いやすくするためのインターフェース。「GRANDIT」のBI機能の中に新しい項目を追加する場合に作成が必要となるキューブ(分析のための多次元データ)を、SQL Server標準のビュー(仮想テーブル)に置き換えることで、データ項目の追加/変更などのメンテナンスを容易/迅速に実行可能とする。これにより、市販のBIツールをOLAPツールとして利用でき、様々なデータ分析やレポート作成が可能となるとともに、負荷の軽減を図ることができる。なお価格は、基本パッケージが60万円となっている。


出荷日・発売日 2009年4月1日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】 「スピード」と「使い勝手」に優れたBIツールが企業にもたらすメリットとは 【Tableau Japan】 BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 【Tableau Japan】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方 【Tableau Japan】
BI BI BI BI BI
導入企業1200社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。 「スピード」と「使い勝手」に優れたBIツールが企業にもたらすメリットとは BIツール導入のロードマップ――データ分析ドリブンの意思決定を根付かせる方法 “かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
ビジネスの決断を導く、説得力が増すデータ分析結果の伝え方

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025478


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ