日立電サ、クライアントPCのSaaS型バックアップサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立電サ、クライアントPCのSaaS型バックアップサービスを提供


掲載日:2009/04/01


News

 日立電子サービス株式会社(日立電サ)は、PCのデータバックアップをSaaS(Software as a Service)型で提供するオンラインストレージ「安心バックアップサービス」の提供を、開始した。

 「安心バックアップサービス」は、クライアントPCのユーザデータを、データセンタで自動でバックアップするサービス。SaaS型のため、ユーザによるインフラ設備の準備やシステム構築/運用は不要となっている。サービスインフラは2拠点のデータセンタで運用し、システムが2重化されているほか、分散管理を行なうことで24時間365日の信頼性に優れたサービスを提供可能としている。

 データセンタへのデータ転送の際、情報漏洩防止策として、データはすべて米国標準規格“AES”(Advanced Encryption Standard)により暗号化される。故障/入れ替え/自然災害などでPCが使用不能となった場合でも、データセンタで保管しているユーザデータから復元可能とするほか、誤って削除したデータも、最大で5バージョンまで世代管理しているストレージから復元することができる。なお価格は、PC1台あたりで、5GBコースが月額1050円、10GBコースが月額1575円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日立電子サービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 日次バックアップを5時間から25分へ――ドン・キホーテ 導入事例 【arcserve Japan】 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 【arcserve Japan】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? バックアップがたった25分で終了! ドン・キホーテ、驚きの時短テクニック 約45台のサーバ移行を1日で実現、霧島酒造のバックアップ応用術 稼働中サーバーを確実・高速にバックアップするネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025471


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ