ビーイング、「J-SaaS」でプロジェクト支援型グループウェア提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ビーイング、「J-SaaS」でプロジェクト支援型グループウェア提供


掲載日:2009/03/31


News

 株式会社ビーイングは、中小企業を対象に経済産業省が推進するITサービス「J-SaaS」(SaaS:Software as a Service)で、プロジェクト支援型グループウェア「さくさく・ICoT」のサービス提供を、開始した。

 「さくさく・ICoT」では、企業内に加え、企業間にまたがった仕事(プロジェクト)の流れを支援するプロジェクト支援型グループウェア。利用者は1つのIDで、参画している社内外のプロジェクトについて、グループウェアが提供するスケジュール/施設予約/文書管理/掲示板などの機能をもとに情報を共有することができる。プロジェクトへの関わり方によって利用範囲を制限することもできる。

 また、プロジェクトの流れに沿って、成果物の文書や打ち合わせの記録などを1つのリストとして表現できる“プロセスチェックリスト”も提供される。なお価格は、初期登録料金が5000円、利用者1名あたりの月額費用が1500円で、サービス開始初月は無料で利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

ビジネスに変革をもたらす新たなコミュニケーションツール、その将来像に迫る 【日本マイクロソフト株式会社】 会議室利用状況の“見える化”が生産性向上と働き方改革を実現する 【テプコシステムズ】 「desknet's NEO」のASPサービス J-MOTTOグループウェア 【リスモン・ビジネス・ポータル】 会議室のリアルタイムモニタリングが“会議の在り方”を変える 【テプコシステムズ】 サイボウズ リモートサービス 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
ビジネスに変革をもたらす新たなコミュニケーションツール、その将来像に迫る 会議室利用状況の“見える化”が生産性向上と働き方改革を実現する 305万人以上のユーザが利用するグループウェア「desknet's NEO」のクラウドサービス版。導入実績4000社以上。メール/スケジュール/ワークフローなど、全25機能が利用可能。 会議室のリアルタイムモニタリングが“会議の在り方”を変える 社内LANのセキュリティ環境を変えずに、社内のサイボウズ製品やその他Webシステムへ、パソコン・スマートフォン・携帯電話などからアクセスできるネットワーク環境を提供。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025456


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ