NTTソフトウェア、メール誤送信防止製品をグループウェアに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、メール誤送信防止製品をグループウェアに対応


掲載日:2009/03/31


News

 NTTソフトウェア株式会社は、グループウェア利用環境でもメールの誤送信防止の仕組みを提供可能な、「CipherCraft/Mail サーバタイプ」の新バージョン(Ver.5)を、発売した。価格は、100ユーザで59万円となっている。

 「CipherCraft/Mail」は、暗号化機能や誤送信防止機能を提供し、サーバタイプ/クライアントタイプによる利用者の環境に合わせた導入方式などの特長を備えた製品。今回の新バージョンでは、グループウェア利用環境にも対応した誤送信防止機能が追加された。利用者PCのWebブラウザ上で誤送信防止画面が表示され、宛先の再確認や、メール本文の内容と宛先アドレスが対応しているかの目視確認、添付ファイルの内容確認の強制化、自動パスワード付与などを行なうことができる。また、グループウェアサーバの後段に「CipherCraft/Mail サーバタイプ」を配置する方式のため、利用者PCへのソフトのインストールは不要となっている。

 更に、一定条件の送信メールに対し、上長など第3者へ自動的にBcc送信することで送信者の意識を高め、注意喚起を促す“Bcc宛先自動追加機能”や、メール送信前に上長などの第3者が誤送信防止画面で送信内容を確認できる“上長承認機能”、サーバで一定時間送信メールを保留することで誤送信を防ぐ“メール一時保留機能”なども追加されている。


出荷日・発売日 2009年3月31日 発売
価格 100ユーザ:59万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「グループウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「グループウェア」関連情報をランダムに表示しています。

「グループウェア」関連の製品

Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 【日本マイクロソフト】 P2NetEX(ピーツーネットイーエックス) 【ネットパイロティング】 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策” 【日本マイクロソフト株式会社】 「サイボウズ Office」カスタムアプリ機能 【サイボウズ】 中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office 10」 【サイボウズ】
グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア グループウェア
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは 本部店舗間のコミュニケーション基盤の強化、店舗の作業負荷軽減を実現する多店舗・多拠点専用のSaaS版グループウェア。オンプレミス版も提供。 「メールボックスがいっぱい」にまだ悩んでいる? 進化する“解決策” 表計算ソフトなどで管理しているデータを、中堅・中小企業向けの統合グループウェア 「サイボウズ Office」上で、データベースとして活用できる機能。 50000社に選ばれた定番グループウェア。ユーザ権限や部署により使用機能を柔軟に設定したり、欲しい機能をスクラッチ開発せずに追加できるカスタムアプリも活用できる。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025449


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > グループウェア > グループウェアのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ