EPSON、業務用カラーインクジェットラベルプリンタを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、業務用カラーインクジェットラベルプリンタを発売


掲載日:2009/03/24


News

 エプソン販売株式会社は、業務用小型プリンタ「TM」シリーズで、ラベルに特化した業務用カラーインクジェットラベルプリンタ「TM-C3400」を、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「TM-C3400」は、幅約255mm×奥行き275mm×高さ261mmとコンパクトなラベルプリンタ。毎秒92mm(印刷幅56mm、360dpi×180dpi時)でスムーズに印刷することができる。用紙排出口や用紙カバー、スイッチ類などを前面に配置し、容易に用紙やインクカートリッジを交換することができる。カラー印刷が可能となったことで視認性が向上し、“緊急”などの注意事項の見落としを防止可能となり、業務ミスの低減や作業効率の向上を図ることができる。

 耐水性/耐油性に優れた顔料インクを使用しているため、水濡れやアルコールなどの薬品による色落ちや文字の消失を低減している。耐摩耗性にも優れており、荷物用のラベルにも適している。1度の作業で全色の入れ替えが可能で、インクの交換回数を低減でき、業務効率向上を支援する。本体内部に印刷情報が残らないため、病院など個人情報を取り扱う業種でも使用することができる。ランニングコストは、熱転写リボンタイプのラベルプリンタと同等以上を達成している。

 最大用紙幅は4インチ(112mm)で、普通紙/ファイン紙/合成紙など様々な用紙やラベルに対応しており、背面からも給紙できるため、ファンフォールド(折りたたみ)紙も使用することができる。“自動ノズルチェック機構”を搭載し、目詰まり発生時は自動でクリーニングが行なわれるため、ミスを抑え安定した印刷が可能となっている。耐久力に優れたオートカッターを備え、メンテナンスの手間を軽減でき、修理や点検にかかる運用コストも削減することができる。

 使用用途に応じてUSB接続モデル「TM-C3400U」とネットワーク対応モデル「TM-C3400E」を選択できるほか、保守サービス“エプソンサービスパック”も用意されている。同サービスパック登録期間内であれば、故障時でも優先的にユーザ指定場所への出張修理が可能なほか、修理依頼や問い合わせなどを1ヵ所で受け付ける“専用ヘルプデスク”や“WEBサポート”を利用することもできる。システム開発者向けに、システム提案/開発/導入支援サイト“パートナーズネット”が用意されており、技術情報やツールの公開によりシステム開発の効率化を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025382


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プリンター > プリンターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ