日立ソフト、遠隔から本番システムを保守できるサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、遠隔から本番システムを保守できるサービスを提供


掲載日:2009/03/23


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、顧客の情報システム運用を受託している企業のオフィスから、顧客の本番システムに安全にアクセスできる「遠隔保守サービス」の提供を、開始した。

 「遠隔保守サービス」は、仮想マシン/OS/各種ミドルウェア/各種ツールからなるIT基盤と付帯する運用を提供するサービス「SecureOnline統制IT基盤提供サービス」を応用したサービス。「SecureOnline」のパスワード認証と指静脈認証システム「静紋」を利用した指静脈認証、更に運用管理端末のパスワード認証という3つのゲートを設けるなど、堅牢性に優れたセキュリティ対策が提供される。また、運用保守エンジニア自身のPCは、記憶装置を利用せず“シンクライアント化”されているため、データセンタからの情報漏洩を防ぐことができる。

 遠隔からの保守対応が可能となるため、常駐の運用保守エンジニアは不要で、非常勤体制により運用のための人件費や外注費の削減を図ることができる。また、複数の運用保守エンジニアを登録し、遠隔からの対応による非常勤体制となるため、1人のエンジニアが長期休暇や外出などで不在の場合も、他のエンジニアによる保守対応が可能となる。なお利用料は、1社あたり月額3万3000円、運用保守エンジニア1人あたり月額2000円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 【マンガで解説】終わりの見えない保守サイクルの脱出法 【日本アイ・ビー・エム】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025372


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ