インターコム、明細配信システムを富士ゼロックスの複合機に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、明細配信システムを富士ゼロックスの複合機に対応


掲載日:2009/03/19


News

 株式会社インターコムは、給与/賞与明細書や源泉徴収票を携帯電話やPCにネット配信するシステム「Web給金帳 V2」シリーズのオプションで、富士ゼロックス株式会社製の複合機/プリンタから明細書の取得を可能とする「Web給金帳 V2 セキュリティ出力オプション for Fuji Xerox Devices」を、富士ゼロックスとその販売会社を通じて発売した。価格は、8万円となっている。

 「Web給金帳 V2」シリーズは、会社や自宅のPCへの明細PDFのメール配信や、携帯電話へのメール本文形式による配信、PCや携帯電話から専用Webサイトにログインして明細内容を参照する方法など様々な配付方法を利用できる明細電子配信システム。給与業務での専用明細書への複写印刷や、封入、封かん、仕分け、配送などの作業が不要となるほか、明細印刷専用プリンタの保守費用や専用帳票のサプライコスト、郵送費、作業にかかる人的コストなどを削減することができる。また、市販の給与ソフトと連携するラインアップが用意されており、対応する給与ソフトを利用中の企業では特別なカスタマイズなどが不要で直ちに導入することができる。

 今回発売された「セキュリティ出力オプション for Fuji Xerox Devices」では、給与計算担当者が「Web給金帳 V2」の導入されているPCで、給与ソフトが管理するDBから必要なデータを受け取ると、自動で明細書のPDFが作成され、指定した複合機などに内蔵されているHDDにデータが転送される。受給者は複合機などの操作画面上でパスワードを入力した後、画面の指示に従い取得したい月を選択することで明細書PDFを直接印刷することができる。パスワードを入力させることで、他人に間違えて配付されることや、配付の過程で紛失するなどの事故を防ぐことができる。

 同オプションを導入することで、受給者の環境や要望に合わせて、PC/携帯電話/複合機などでの配付を組み合わせた運用が可能となる。これにより、多くのパート/アルバイト社員や工場勤務社員が勤務している会社や、社員1人ひとりにPCが未導入の企業でも全社的に導入することが可能となる。なお、同オプションは富士ゼロックス製の複合機などの“セキュリティプリント”機能を利用しており、同機能を使用できる機種が必要となるほか、機種によってはHDDやメモリの増設などオプションの追加が必要となる場合がある。


出荷日・発売日 2009年3月19日 発売
価格 8万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025358


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ