日本IBM、仮想化専用ブレードサーバなど出荷、サーバ統合を拡充

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細
この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、仮想化専用ブレードサーバなど出荷、サーバ統合を拡充


掲載日:2009/03/12


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、内蔵のUSBドライブから起動させることで仮想化環境を容易に構築できるブレードサーバ「IBM BladeCenter LS42 仮想化専用モデル」を、3月19日より出荷する。最小構成価格は、199万5000円(税込)となっている。

 「IBM BladeCenter LS42 仮想化専用モデル」は、ブレードサーバ「IBM BladeCenter LS42」を仮想化によるサーバ統合に適した構成としたモデル。CPUはOpteronクアッドコア(2.7GHz)を4個搭載し、16GBのメモリを標準搭載している。また、VMwareの仮想化ハイパーバイザ(制御プログラム)「VMware ESXi 3.5」を導入したUSBドライブを内蔵し、USBドライブから起動させることで、容易に仮想化設定を行なうことができる。

 また同社は、仮想化用OSのVMware関連製品を71種類追加し、リモート仮想エンタープライズデスクトップ管理「VMware View 3」(旧称「VMware VDI」)の「Enterprise」版と「Premier」版の2つのバージョンを、出荷した。任意に配置されたOSやハードウェア、アプリケーションおよびユーザをそれぞれ独立して管理するための仮想デスクトップソリューションソフトウェアで、従来機能に加え、“VMware View Composer”(デスクトップ管理を効率化しながらストレージ容量とコストを削減できる機能)と、“VMware ThinApp”(アプリケーションをカプセル化することでOSから分離し、ストレージを削減できる機能)が提供される。価格は、使用期間やパッケージ内容により、8000円〜246万円となっている。

 企業やデータセンタ規模での仮想化を可能とするサーバ用ソフトウェア「VMware Infrastructure 3」では、5年サブスクリプション(購読)製品を、出荷した。サブスクリプション期間中の製品に対する修正や機能拡張の提供が含まれるため、将来的に最新機能を利用可能となりIT投資を支援する。また、1年単位の予算取りや購入申請、見積もりなどのプロセス削減が可能となるほか、将来的な価格変更のリスクを低減でき、リースとあわせてコストの平準化が可能となる。価格は、3万4000円〜175万円となっている。

 これらにより、大規模エンタープライズクラスのデータセンタから中堅/中小企業のサーバの仮想統合やクライアント統合をカバーするソリューション製品を提供し、ユーザの仮想化への取り組みを総合的に支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める 【日商エレクトロニクス】 相性が悪い仮想デスクトップとWeb会議、この問題を解決する画期的な手段とは 【新日鉄住金ソリューションズ株式会社】 1日で構築できる次世代型VDI、TCOと実用性はどこまで変わる? 【日商エレクトロニクス】 クライアント仮想化ソリューション Ericom 【アシスト】 定番製品との比較で見えてくる、VDIとアプリケーション仮想化のポイント 【パラレルス】
VDI VDI VDI VDI VDI
EUCに失敗しないためのVDI環境構築術、5つのポイントで要件を見極める 相性が悪い仮想デスクトップとWeb会議、この問題を解決する画期的な手段とは 従来型VDIの導入・運用コストと比べて「50%」も削減! 急成長する「VDI2.0」 あらゆるデバイスにWindowsアプリ、VDI、物理PCへの接続を提供。低帯域でも快適な通信プロトコル、ブラウザをRDPクライアントとして使える機能等を備えている。 定番製品との比較で見えてくる、VDIとアプリケーション仮想化のポイント

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025299


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ