日本IBM、重複データを削減できる仮想テープライブラリを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、重複データを削減できる仮想テープライブラリを発売


掲載日:2009/03/09


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、重複データを削減することで最大でディスク容量の25倍のデータを保存でき、容易な導入と省スペースを可能とする仮想テープライブラリ装置「IBM TS7650 ProtecTIER Deduplication Appliance(IBM TS7650 ProtecTIER 重複データ削減アプライアンス)」を、発売した。

 「IBM TS7650 ProtecTIER Deduplication Appliance」は、重複データを削除しながらデータを保存するソフトウェア製品「IBM System Storage ProtecTIER Enterprise Edition」を専用ゲートウェイサーバに導入し、そのサーバをディスクストレージ装置に接続して専用筺体に収めた製品。システム構築が不要で、容易に設置でき、ケーブルやスイッチも1つの筺体に収まっており、省スペースと迅速な導入を可能とする。重複データ削減は、IBMのアルゴリズム“HyperFactor”により行なわれ、データの誤った削除を防ぎ、データの整合性を保つことができる。また、最大毎秒500MBで、重複削減されたデータを保存することができる。

 これにより、DBやメール、ファイルサーバのシステムで、一定期間ごとにバックアップを行なう世代管理をディスク装置を活用して行なう際に適している。大量データの保存の際にコストを削減できるほか、バックアップデータのサイズが小さくなることで、同製品に保存したデータを遠隔地に設置したストレージ装置に送信する際に、回線コストを抑えることができる。

 ストレージ容量7TB/18TB/36TBの3種類が用意されており、価格は7TBモデルの最小構成で4074万7400円となっている。


出荷日・発売日 2009年3月6日 発売
価格 7TBモデル/最小構成:4074万7400円

「日本アイ・ビー・エム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 オールフラッシュ時代の「業務を止めない」バックアップ&リストアとは 【日本ヒューレット・パッカード】 仮想/物理環境対応バックアップツール ActiveImage Protector 【ネットジャパン】 災害時のデータ復旧に自信は持てる? DR対策を効率化するための5つの原則 【CommVault Systems Japan】 ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 業務のスピードアップを目的としたフラッシュストレージ導入が盛んだが、システムリカバリーの視点が欠落しがちだ。事業リスクを最小化する戦略的選択を考える。 稼働中のサーバを確実・高速にバックアップ。ネットジャパン自社開発製品。Windows/Linux対応。バックアップ時にインラインで重複排除圧縮したイメージファイルを作成。 実行可能で信頼性の高い「災害復旧」を確立する 5つの原則とは ディザスタリカバリー戦略をレベルアップするための7つのチェックポイント

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025262


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ