ソリトン、IT資産管理のSaasサービスを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトン、IT資産管理のSaasサービスを提供


掲載日:2009/03/09


News

 株式会社ソリトンシステムズは、IT資産管理をSaaS(Software as a Service)形式で提供するサービス「eCare-OnDemand」の提供を、開始した。価格は、オープン価格となっている。

 「eCare-OnDemand」では、資産管理台帳を作成するための、PC内のソフトウェアやハードウェア情報、セキュリティ情報を収集し、Webレポートを提供する。Webレポートは毎日更新されるほか、主要な情報はレポートメールとして担当者宛に毎日送付される。これらにより、ソフトウェアライセンス違反などの情報を確認できるほか、社内のPC利用上で必須/未承認/違反のソフトウェアを容易に管理でき、PC利用ポリシーの徹底を可能とする。また、ウイルス対策ソフトやOSセキュリティパッチのバージョン管理が可能で、適用漏れを容易に判断することができる。P to Pソフトを自動削除でき、その履歴を管理することができる。

 月次レポートにより、過去に溯った分析も可能で、コスト削減などを図ることができる。また、SaaSで提供されるため、専用設備が不要で、迅速に導入でき、コストや運用負担の削減を図ることができる。

 一般的な資産管理機能も備え、インベントリ(資産情報)を自動収集できるほか、リース期限/購入日などを一元管理でき、ユーザ特有の項目も設定することができる。組織階層管理が可能で、組織内の部署名を用いて配置状況を把握できるほか、閲覧範囲を限定した部門管理者を自由に設定することができる。また、キーワード検索により表示内容を容易に抽出でき、絞り込み検索機能により複数条件で資産情報を絞り込み/保存することもできる。過去1年間のソフトウェアのインストール状況を記録し、集計することもできる。CSV(カンマ区切り形式のファイル)により、複数台のPC情報を一括でインポートすることや、全管理項目をダウンロードすることもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 ez-NodeFinder 【ニッポンダイナミックシステムズ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 情報漏洩対策+資産管理ツール MaLion 5 【インターコム】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 増え続けるデバイスやIT資産をどう管理する? 仕組みで防ぐ未管理端末 IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 情報漏洩対策とIT資産管理・SAMを網羅したクライアントPC運用管理ソフト。充実した操作監視・制限機能や管理者負担の軽減に配慮した導入・運用支援機能が特長。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025257


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ