アイログ、Flex/AIR向け可視化グラフィクス製品の新版を提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アイログ、Flex/AIR向け可視化グラフィクス製品の新版を提供


掲載日:2009/03/06


News

 アイログ株式会社は、Adobe Flex/Adobe AIR(Adobe Integrated Runtime)向け可視化グラフィクス製品の新版「IBM ILOG Elixir 2.0」の提供を、開始した。

 「IBM ILOG Elixir」は、ブラウザとデスクトップに対してRIA(Rich Internet Application)を迅速に構築できる、ユーザインターフェース用コントロールのセット。Flex/AIR向け統合開発環境「Flex Builder」に統合でき、同環境の内部で「Elixir」のコンポーネントをドラッグ&ドロップで貼り付け、そのプロパティを設定することができる。API(Application Programming Interface)も用意され、全ソースコードと説明資料が提供される。

 今回の新版では、4種類のコンポーネントが追加された。“カレンダー”でスケジュール共有アプリケーションを、“タスク・ガントチャート”でプロジェクト管理画面を開発できるほか、“ヒートマップ”により、複数の地域への広がり方をわかりやすく見せることができる。また、“OLAP(オンライン分析処理)とピボット・チャート”は、データのクラスタ化やドリルダウン(掘り下げ)を行ないながら、大規模なデータセットやトレンド、異常値を視覚的に分析するためのチャート表示に用いることができる。

 既存の7コンポーネントも拡張された。“3Dチャート”の包括的セットでは40以上の設定が定義済みで、“ゲージとダイアル”ではデータソースとリアルタイムに接続されるダッシュボードを構築することができる。“ベクター方式マップ”は完成した地図とカスタマイズ可能な地図機能を提供し、色指定やカスタムオブジェクトのオーバレイ(重ね合わせ)によりチャートやラベルも容易に表示することができる。また、“組織図”により組織内の人材をインタラクティブに表現でき、ズームの深さに応じて的確な情報を自動表示することができる。

 時間軸に合わせたリソース配置/プランニングに利用できる“リソース・ガントチャート”は、タスクの再スケジューリングや、アプリケーション上でのユーザ編集機能に対応している。また、“ツリーマップ”により、トレンドや異常値の分析/把握を支援するグラフィクス表現が可能で、動的なドリルダウンや、クラスタリングのユーザ定義、色分けと大きさの指定も可能となっている。“レーダーチャート”により、相互関係を持たない複数の対象における各種のKPI値(主要業績指標)を表示/比較することもできる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 クラウドBIダッシュボード MotionBoard Cloud 【ウイングアーク1st】 オールインワン・セルフBIツール「LaKeel BI」 【レジェンド・アプリケーションズ 】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】
BI BI BI BI BI
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 様々なデータソースからの情報を一元的に可視化するクラウド型BIツール。リアルタイムで自動集計されるデータを分かりやく可視化し、経営や現場の意思決定に活用できる。 豊富なテンプレート・徹底したサポートにより、「使いこなせる」BIツール。
分析が初めての方に必要な機能を1つにまとめたオールインワンパッケージ。
“かんたん、きれい、わかりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することができる。
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025240


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ