バッファロー、RAID対応NASなどの大容量モデルを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


バッファロー、RAID対応NASなどの大容量モデルを出荷


掲載日:2009/03/04


News

 株式会社バッファローは、RAID対応NAS(ネットワーク対応HDD)“テラステーション”で容量6TBのモデル「TS-X6.0TL/R5」と交換用HDD「OP-HD1.5T」、NAS“リンクステーション”で容量1.5TBのモデル「LS-XH1.5TL」を、いずれも3月上旬より出荷する。

 「TS-X6.0TL/R5」は、転送速度を高速化し、バックアップ機能を強化するなど、データの大容量化に対応したRAID対応NAS。「OP-HD1.5T」は、“テラステーション”「TS-XL/R5」と“リンクステーション”「LS-QL/R5」/「LS-QL/1D」シリーズなどに対応した交換用HDDで、容量は1.5TBとなっている。また、「LS-XH1.5TL」は、高速CPUの採用により、転送を高速化したネットワーク対応HDDとなっている。

 なお価格は、「TS-X6.0TL/R5」が17万円、「OP-HD1.5T」が4万2300円、「LS-XH1.5TL」が3万1700円となっている。


出荷日・発売日 2009年3月上旬 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

オールフラッシュストレージが、コスト削減にも効く意外な理由 【日本アイ・ビー・エム】 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? 製品選び4つポイント 【日商エレクトロニクス】 フラッシュ3PARシリーズはどれだけ役立つ? 7つの切り口で検証 【日商エレクトロニクス】 SSDを超えた2次元RAIDのオールフラッシュストレージの実力を探る 【日本アイ・ビー・エム】 ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
オールフラッシュストレージが、基幹系システムのコスト削減にも効く意外な理由 自社に最適なフラッシュ製品はどれか? ストレージ選びの「4つポイント」 3PARシリーズを徹底検証! フラッシュストレージの基本性能〜障害耐性まで解明 SSDを超えた「2次元RAID」のオールフラッシュストレージの実力を探る ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025219


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ