サイバネットシステム、イノベーション支援ソフトの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サイバネットシステム、イノベーション支援ソフトの新版を出荷


掲載日:2009/03/03


News

 サイバネットシステム株式会社は、米インベンション・マシン・コーポレーションが開発/販売/サポートを行なうイノベーション支援ソフトウェア「Invention Machine Goldfire」の、日本語版新バージョン「4.7J」を、出荷した。

 「Invention Machine Goldfire」は、生産現場の様々な問題を分析し、解決策を効率的に創出するための環境を提供するソリューションツール。因果関係やリスクを分析する手法であるRCA(Root Cause Analysis)やFMEA(Failure Mode and Effect Analysis)、また機能モデルによる解析を用いながら、様々な知識ベースを利用して課題を絞り込み、解決策を提供する。

 知識ベースには共有ドキュメントなどの社内文書や外部Webサイト、「Goldfire Intelligence」が提供する特許情報/発明原理などのコンテンツが含まれている。また、品詞間の関連性も認識できる意味解析検索技術に基づくセマンティックエンジン(意味検索エンジン)により、解決案の分析や検討作業の効率を向上可能とする。解決案をシステマティックに発想するTRIZ(Teoriya Resheniya Izobretatelskikh Zadatch)も実装されている。

 今回の新バージョンでは、日本語文書に対するセマンティック解析機能が強化され、主要解析機能が日本語に対応した。形容動詞や副詞、長文における係り受けの関係などの修正や拡張が行なわれ、技術検索の精度が向上している。また、“全体と部分”の解析も日本語に対応し、装置の構成要素とそれらの要素同士が及ぼし合う作用を調査する“部品-機能ファインダー”や、プロセスに含まれる一連の操作を調査する“操作検索”も日本語で利用可能となった。

 知識DBには、IEEE(The Institute of Electrical and Electronics Engineers,Inc.,電気電子学会)が発行する150万件以上の論文や雑誌記事、規格に関する文書が追加された。このほか、リスク分析の支援のため、FMEAに加え、故障形態とその影響/致命度分析を提供するFMECA(Failure Mode Effect and Criticality Analysis)や、危険シナリオ分析手法の1つであるHAZOP(Hazard And Operability Study)、食品衛生管理手法の1つであるHACCP(Hazard Analysis and Critical Control Point)といった手法にも対応した。「Goldfireサーバー」の機能追加や、科学事典DB「IMC科学効果」のコンテンツ増強も行なわれている。


出荷日・発売日 2009年2月26日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

QlikView 【クリックテック・ジャパン】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 集計・分析プラットフォーム 「Dr.Sum EA」 【ウイングアーク1st】 オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】
BI BI BI BI BI
購買明細の迅速な分析でコスト削減、NTTデータが実現した「戦略的調達」とは? 情シスの負担激減!誰でも使える分析ツールって? 劇的に”脱Excel”を実現! 秘訣は「表現力とスピード感」――鳥居薬品事例 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。
BIツールの矛盾…導入時につまづかないための対処法とは?

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025187


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ