日立ソフト、「在宅勤務サービス」を指静脈認証に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日立ソフト、「在宅勤務サービス」を指静脈認証に対応


掲載日:2009/02/27


News

 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、USBキーを“鍵”として使用し自宅PCをシンクライアント化することで、社内システムへ安全にアクセス可能とするサービス「在宅勤務サービス」に同社の指静脈認証システム「静紋(じょうもん)」を付加し、3月2日より発売する。

 「在宅勤務サービス」では、仮想マシン/OS/各種ミドルウェア/各種ツールからなるIT基盤と付帯する運用を提供するサービス「SecureOnline」の統制IT基盤提供サービスを利用することで、必要な時に必要なだけIT環境が提供されるため、新たな設備投資が不要でシンクライアント環境を利用することができる。今回の「静紋」対応では、あらかじめ利用者の指静脈データをUSBキーに格納することで、利用者が自宅から社内システムにアクセスする際、従来のUSBキーとパスワードとの認証に加え、指静脈認証により個人を特定する。指静脈認証は、体内部の指静脈パターンを使用するため偽造/改ざんが困難で、セキュリティに優れている。

 「SecureOnline」のシンクライアントサービスでは、在宅勤務者はUSBキー1本を自宅のPCに差し込むことで、インターネット回線を通じて「SecureOnline」を経由し、社内の自席PCやWindows Server上の自身のデスクトップ環境にアクセスすることができる。利用者はデータのアップロード/ダウンロードが不能なため、社内データの外部への流出を防ぐことができる。今回の「静紋」対応によるセキュリティ強化により、なりすましなどを防止しながら在宅勤務に導入することができる。

 なお価格は、1社あたり月額基本料金1万5000円、1人あたり月額利用料金2000円で、初回のみ、静脈データを撮影しUSBキーに登録するための初期費用1人あたり1万8000円が必要となる。


出荷日・発売日 2009年3月2日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日立ソフトウェアエンジニアリング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 新感覚2要素認証 Mamoru 【ISAO】 FutureNet RA-1200/RA-730 【センチュリー・システムズ】 新しい働き方を成功に導く、無線LAN環境に必要な“第3”の認証基盤とは何か 【日本ヒューレット・パッカード+他】 DigiCert SSL/TLS サーバー証明書 【ソフトバンク コマース&サービス】
認証 認証 認証 認証 認証
なぜ創業290年の老舗銀行は「顧客接点のデジタル化」に踏み切ったのか ユーザーに負担をかけずにセキュリティ強化――認証システムの「次世代型」とは 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 スマートデバイスを活用するためには社内の無線LAN化は必須だ。だが、ユーザーIDとパスワードだけの簡単な認証基盤ではセキュアな環境を構築できない。 世界で高い実績を誇るDigiCertのSSLサーバー証明書を、国内で20年以上の経験を持つサイバートラストが提供。高い信頼性の証明書をコストや導入負荷を抑えて導入可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025164


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ