ライフボート、64ビット版対応のサーバ用デフラグツールを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ライフボート、64ビット版対応のサーバ用デフラグツールを発売


掲載日:2009/02/25


News

 株式会社ライフボートは、Windows Server 2008にも対応したデフラグ(ディスク断片化解消)ツール「LB デフラグ ワークス3 Server」を、発売した。ダウンロード版も順次発売する。標準価格は、シングルライセンスが3万5000円で、ボリュームライセンスも用意されている。

 「LB デフラグ ワークス3 Server」は、事前予測で断片化の発生を抑える“プロアクティブテクノロジー”を搭載したデフラグツールのサーバ対応版。64ビット版のWindows Serverにも対応している。ファイルの書き込みや削除などのデータ変更を常時監視し、断片化の発生を予測しながら自動で最適化できるほか、リソースの使用状況をチェックし、他のアプリケーションの動作に影響を与えないタイミングで最適化することができる。コンソールからリモート操作で最適化することもできる。

 3種類のデフラグモードを備え、“クイックデフラグ”では最適化を行ない断片化の解消を図る。“スマートデフラグ”では、最適化後にファイルを適切な位置に移動してアクセスの高速化を図る。“スマートデフラグ プラス”では、最適化やファイルの移動に加え、ファイルの後に空きスペースを確保して再断片化の抑制も図る。また、システムの起動時に最適化を行なう“ブートタイムデフラグ”が可能なほか、使用済みのクラスタや最適化実行中のクラスタなどを色分けして表示する“クラスタビュー”機能や、各ファイルがどのクラスタ位置に配置されているかドライブの内容を解析して表示する“クラスタエクスプローラ”機能も備えている。ノートPCにも対応し、バッテリの使用中には最適化や解析作業を休止して電力の消費を抑える“バッテリーガード”機能も備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025126


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ