フィードパス、SaaS型WebメールをiPhoneに対応、管理機能も拡張

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


フィードパス、SaaS型WebメールをiPhoneに対応、管理機能も拡張


掲載日:2009/02/23


News

 フィードパス株式会社は、SaaS(Software as a Service)型Webメール「feedpath Zebra」で、利用者向け/管理者向けの双方の機能を追加/拡張するバージョンアップを行ない、3月上旬より提供する。

 今回のバージョンでは、携帯電話に加えiPhoneにも正式対応する。iPhoneのブラウザ“Safari”で利用する際にiPhone専用ユーザインターフェースでブラウズ可能となるほか、iPhoneアプリケーションのメール/カレンダー/連絡先(アドレス帳)とプッシュ型でリアルタイムな同期が可能となる。また、「feedpath Zebra」のWebクライアント上では、タスク管理/共有が可能な“タスク”機能や、リアルタイムなメッセージのやり取りが可能な“インスタントメッセージ”機能(ベータ版)、ファイルを管理/共有できる“ブリーフケース”機能が追加され、コミュニケーションの円滑化や業務効率の向上を支援する。

 管理者向け機能では、同一管理画面上で複数ドメインの操作が可能となる。そのドメイン内に登録されている複数のユーザアカウントを特定のサービスクラス(グループ)に割り当て、そのサービスクラスごとに、カレンダー/ブリーフケース/メッセンジャー/携帯電話などの機能を制限可能となる。更に、メールソフトからのPOP利用やIMAP(メールをサーバ上で管理する方式)利用、HTMLメールの利用、転送機能利用などの権限設定が可能となり、添付ファイルのダウンロードや、HTML化して表示する権限の設定も可能となる。これらにより、“情報を必要な人だけに開示する”考え方“Need to Know 原則”に沿って、組織や職制ごとに機能の利用権限を割り当てることができ、企業のセキュリティーポリシーに沿った運用を可能とする。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「電子メール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「電子メール」関連情報をランダムに表示しています。

「電子メール」関連の製品

アンチスパム+メールサーバの トータルソリューション MailSuite 【クオリティア】 かんたんメール共有ツール「サイボウズ メールワイズ」 【サイボウズ】 Webメール搭載メールサーバソリューション DEEPMail 【クオリティア】 法人向けクラウドメールサービス CYBERMAIL Σ 【サイバーソリューションズ】 上位50社を徹底調査、“売れてる”ECサイトのメルマガ配信傾向 【ユミルリンク】
電子メール 電子メール 電子メール 電子メール 電子メール
メールサーバーソリューションとスパム遮断ソリューションを統合したトータルメールソフトウェア。マルチスレッド方式を採用した独自開発の高性能メールエンジンを搭載。 社内、部署内のメールを一元管理するWebメールシステム。メーリングリストやCCが不要となり、トラフィックを大幅に低減可能。また一覧画面でステータスを管理できる。 高速メールエンジンと多彩なWebメール機能を搭載したシンプルメッセージングソリューション。メーリングリスト機能も標準搭載し、柔軟なカスタマイズ要望にも対応。 SaaSで提供されるメール&コミュニケーションサービス。メールサーバ、Webメール、メールアーカイブ、暗号化をはじめ、様々なコミュニケーション機能を提供。多言語対応。 ECサイト売上トップ50社の共通傾向とは 調査結果からひもとく“売れてる”理由

「メール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025097


IT・IT製品TOP > メール > 電子メール > 電子メールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ