B-EN-G、製造業向けのSAP SRM購買テンプレートを提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


B-EN-G、製造業向けのSAP SRM購買テンプレートを提供


掲載日:2009/02/20


News

 東洋ビジネスエンジニアリング株式会社(B-EN-G)は、SAPジャパン株式会社の購買管理ソリューション「SAP Supplier Relationship Management」アプリケーション(SAP SRM)の製造業向けテンプレート「B-EN-Gsrm」を、提供する。

 「SAP SRM」は、SAPのビジネスアプリケーション「SAP Business Suite」ソフトウェア群の一部で、支出分析/ソーシング/契約管理/見積/請求/仕入先管理などの機能により、購買/調達から支払いまでのプロセスを合理化するとともに、適切なサプライヤーの選択や、コラボレーションの強化、納期の短縮化を可能とする。今回提供される「B-EN-Gsrm」は、「SAP SRM」をベースとしたテンプレートで、製造業の原材料購買を意識し、購買業務の前工程にあたる“要求元”の業務プロセスから買掛、支払までをカバーし、調達のトレーサビリティを確保している。

 フォーキャスト(予測)発注管理や、輸入対応、下請法(下請代金支払遅延等防止法)対応、多段階承認ワークフロー、文書管理、SAP ERPとの連携標準インターフェースを「SAP SRM」に装備する。これらにより、要件定義/システム設計/システム開発の各フェーズで作業負荷を軽減し、要件定義から稼働までを最短3ヵ月に短縮することができる。

 システムの3層構造などのSOA(サービス指向アーキテクチャ)の採用により、SAP ERPに加え他のシステムとの連携も可能なため、導入後のシステム改変が容易となり、事業環境の変化にも柔軟に対応することができる。調達システムのリプレースでは、システム構築コストを削減しながら戦略的購買が可能となる。なお価格は、テンプレートを含むシステムインテグレーション費が6500万円から、SAP製品のライセンス費用が別途見積となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「販売管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「販売管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「販売管理システム」関連の製品

販売管理・生産管理システム Hi-PerBT KIT3 【日立ソリューションズ西日本】 食品卸売業向け販売管理システム SkynetGrocery 【東計電算】 日配食品業向け販売管理システム SkynetDish 【東計電算】 FutureStage 卸売業向け販売管理システム 【日立システムズ】 N-town販売管理サービス 【NEC】
販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム 販売管理システム
システム構造化された部品群(テンプレート)を組み合わせることで、短期間・低コストで構築できる販売管理・生産管理システム。 食材卸業務に特有の運用・業務をシステム化した食品卸業向け販売管理システム。ASP型での利用が可能。 日配食品業の業務や商慣習に対応した「販売管理」「購買管理」「製造管理」「在庫管理」を1システムで提供。情報の見える化、合理的かつ効率的な情報管理を実現する。 販売管理・購買管理・物流在庫管理がシームレスに連携した卸売業向け基幹業務統合ソリューション。日本独自の商習慣に対応し、国内外取引を一元管理できる。 アパレル卸・小売業の業務に必要な機能を標準化することで、低価格でのサービス提供を実現。月額料金で利用可能な販売管理サービス。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025093


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ