SST、携帯等を利用したタイムカードシステムを弥生給与 09と連動

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


SST、携帯等を利用したタイムカードシステムを弥生給与 09と連動


掲載日:2009/02/20


News

 株式会社セイショウシステムテクノロジー(SST)は、携帯電話やIC型定期券を利用したタイムカードシステム「ケータイタイムカード」と弥生株式会社の給与計算ソフト「弥生給与 09」を連動させ、提供する。

 「ケータイタイムカード」は、おサイフケータイに対応した携帯電話や、Suica/PASMO/ICOCAなど交通系のIC型定期券に対応したタイムカードASPシステム。インターネット環境に接続されたPCと、ICカードリーダ(PC内蔵またはソニー株式会社の「PaSoRi」)があれば直ちに使用でき、ASP型のためシステム開発費用やサーバ管理費用などのコストは不要となっている。

 出退勤時の打刻は、携帯電話をカードリーダにかざした時点で勤務実績が記録され、インターネットシステムのため、複数の支店/事業所/営業所の全従業員の勤怠情報を即座に計算することができる。パート/アルバイトのシフト管理や、変動時給制/変形労働時間制にも対応しているほか、シフト勤務や他店舗へのヘルプ勤務に対応できる機能も搭載しているため、正社員と非正社員が混在するような雇用形態でも利用することができる。

 勤怠情報はテキストファイルとしてダウンロードでき、使用中の給与計算ソフトに取り込むことができるほか、他の支店や営業所の勤務実績も即座に集計でき、作業効率を向上させることができる。また、タイムカードとして利用する携帯電話はID/パスワードで管理され、不正打刻を防止できるため、記録された出退勤の時刻を正確に管理でき、給与の過払いを防ぐことができる。

 今回の連動により、「弥生給与 09」を使用している企業は、「ケータイタイムカード」のCSV(カンマ区切り形式)データをわずかな操作で取り込むことができるため、新たな設定変更の手間が不要となる。今後、携帯電話を使用したPOSシステム「POSMO」との連動も予定されている。なお価格は、初期費用が10万5000円、月額基本料が3000円、月額利用料が10 ID単位で4500円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

労務管理システム 「jinjer労務」 【ネオキャリア】 「採用管理システム」11製品を徹底比較――導入のポイントは? 【Donuts】 もっと自由に…「副業社員」は、社員だけでなく会社も強くする! 【KDDI】 グローバル人材マネジメントサービス Cultiiva Global/HM 【NEC】 5つのタイプから導く 過重労働解消法 【オービックビジネスコンサルタント】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社会保険の各種手続きをオンライン化する労務管理システム。
書類の作成/申請がWeb上ででき、従業員情報、扶養家族、住所変更、社会/健康保険などの情報も一元管理できる。
「せっかく導入したのに使わない!」を防ぐには? 採用管理システムを一挙比較 もっと自由に…「副業社員」は、社員だけでなく会社も強くする! 社員のプロファイルを見える化。人材マネジメントに関わる目標管理、パフォーマンス管理、キャリア開発、後継者管理などを効率的に実行し、人材戦略の実行を支援する。 人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025086


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ