NTT東西、ユーザ認証や集計管理が可能なカラー複合機などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTT東西、ユーザ認証や集計管理が可能なカラー複合機などを発売


掲載日:2009/02/19


News

 東日本電信電話株式会社と西日本電信電話株式会社は、ユーザ認証機能や集計管理機能などを搭載したカラーデジタル複合機「OFISTAR H8200C」を、発売した。また、FAX受信内容の確認も可能なカラー液晶パネルを搭載したカラーデジタル複合機「OFISTAR H8210C」も、NTT西日本エリアで発売した。NTT東日本エリアでも3月の発売が予定されている。

 「H8200C」では、印刷/コピー/スキャン/FAXの各機能の利用をエンドユーザごとに設定でき、使用時にはパスワードを入力させることができるため、不正な使用を防止することができる。また、オプションの「IC Card Gate2」と別売のICカードにより、ICカードをカードリーダにかざすことで認証でき、パスワード入力が不要となる。ICカードはeLWISE/ELWISE/FeliCa/MIFAREに対応している(2月18日現在)。

 集計管理機能を備え、エンドユーザごとにカラー/モノクロ出力の最大利用枚数を設定できるほか、利用実績を把握するための管理レポートを発行することができる。また、印刷する文書のデータを一旦機器に蓄積し、本体の操作パネルでパスワードを入力してから出力できるため、機密性の高い書類の紛失や第3者に見られるリスクを低減することができる。

 「H8210C」は、8.5インチワイドVGA(800×480ドット)カラー液晶パネルを搭載しており、本体操作時のカラーイラスト表示が可能で、機能の切り替えや各種設定もタッチパネルで行なうことができる。また、FAX受信データ内容を液晶パネルで確認でき、必要なデータのみを出力することで出力用紙やカラートナーを節約することができる。オプションにより、本体のHDDやメモリのデータを暗号化して保存でき、コピーや印刷の後に自動的に消去することもできる。

 両機種とも、グリーン購入法や国際エネルギースタープログラムに適合しているほか、コピーや印刷などが一定時間使用されない場合に自動で電源を切ることができ、オフィスの消費電力を抑えることができる。なお価格は、「H8200C」が212万円、「H8210C」が201万円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 「H8200C」:212万円、「H8210C」:201万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025075


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ