KLab、意図しないプログラムからファイルを保護するソフトを公開

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


KLab、意図しないプログラムからファイルを保護するソフトを公開


掲載日:2009/02/19


News

 KLab株式会社は、PC上のフォルダ/ファイルへのアクセスを許可するプログラムを任意に設定できるWindows用フリーウェア「WinAmulet」をバージョンアップし、公開した。同社のWebサイトからダウンロードでき、初回起動時から約半年間使用することができる。

 「WinAmulet」は、特定のフォルダに対してアクセスを許可するプログラムを指定することで、対象フォルダ下のファイルを意図しないプログラムによるアクセスから保護可能とするソフトウェア。不許可のプログラムからのアクセスを検出すると報告/記録できるほか、これらのアクセス要求は透過的にダミーフォルダへリダイレクトされる。

 今回のバージョンでは、内部エンジンの性能向上により稼働中の動作が更に軽快化されている。アクセス違反検出時には、従来のバルーンメッセージに加えタスクトレイ(通知領域)アイコンの点滅で通知される。また、不許可プログラムのリダイレクト先となるダミーフォルダが任意に設定可能となった。使用期限が設定されていた初回バージョンのユーザは、バージョンアップすることで継続利用が可能となる。Windows 2000 Professional SP4以上の32ビットWindows環境で動作し、64ビット版WindowsやWindows 95/98/Me/NTは動作対象外となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 無償

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025072


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ