NTTファシリティーズ、エネルギーモニタを省エネ法改正に対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTファシリティーズ、エネルギーモニタを省エネ法改正に対応


掲載日:2009/02/12


News

 株式会社NTTファシリティーズは、エネルギーモニタリングサービス「Remoni」のサービスメニューを拡張し、省エネ法改正により4月から義務づけられるエネルギー管理業務を支援するサービスの1つとして、提供する。

 「Remoni」は、電力量(積算)や電力値(瞬時)、温度、湿度、CO2濃度、警報など様々な計測データを、インターネットを利用して収集し、ASP方式で提供するサービス。エネルギー管理に加え、環境計測や遠隔設備監視といった様々な分野で利用することができる。また、収集したデータを活用した分析/評価や、CO2削減/省エネ施策の提案まで、包括的な支援が可能となっている。

 ASP方式のため初期投資を抑えられ、少点数から多点計測まで対応でき、計測点の増設も容易で、インターネットが利用できることで複数拠点の一元管理も可能となっている。これにより、報告書対応の計測から省エネ施策立案/運用対応の詳細計測など、エネルギー管理戦略の変化に対応が可能となっている。また、インターネット接続環境があれば既存回線で計測データを通信/閲覧でき、新たな回線をの敷設は不要となっている。

 一般的なセンサの信号に対応し、様々な用途に利用できるほか、手入力データによる管理にも対応することができる。要望によっては電力量に加え、温度や湿度、CO2濃度などもモニタリング可能なため、総合的なエネルギーの分析評価などにも利用することができる。

 今回の拡張では、表示方法のカスタマイズに対応した。地図や系統図などの上に計測値やグラフを表示し視認性を向上させることや、床面積単位での平均値による未計測店舗の推計、各種条件による傾向分析などが可能で、エネルギー管理や省エネの啓蒙活動を支援する。また、Webパーツの提供も可能で、収集データをPRに用いるなど様々な用途に利用することができる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク、監査請求の責任は誰に? 【ウチダスペクトラム】 クライアント管理ソフト ManageEngine Desktop Central 【ゾーホージャパン】 エンドポイントセキュリティ管理ソリューション ISM CloudOne 【クオリティソフト】 資産・備品管理システム 「備品マネージャー2」 【フォー・ズィー・コーポレーション 】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に? Windows、Macに対応した統合クライアント管理ソフト。パッチ・サービスパック配布、IT資産管理、リモートコントロール、USB制御などが可能。 自動で管理端末の脆弱性を検知し、マルチデバイスのセキュリティを一元管理するクラウドサービス。 2次元バーコード付の備品ラベルを使い、資産・備品の登録から、リース資産の管理、棚卸、移管、廃棄までを一貫して管理できる。その他画像管理や簿価リスト出力も可能。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20025005


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ