日本HP、構成情報の一元管理を支援する製品の新版などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、構成情報の一元管理を支援する製品の新版などを発売


掲載日:2009/02/06


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ITIL v.3に基づき、構成情報の一元管理を効率化する新製品と、ユーザの視点でシステムのパフォーマンスを管理する新製品を、発売した。

 今回発売された「HP Universal CMDB 8.0」(HP UCMDB)は、企業内に点在するITサービス情報の統合と共有を図る構成情報管理ソフトウェア製品。同社のソフトウェア製品群との連携をサポートし、基盤となる構成情報の統合を可能として製品間の動的なデータ連携を提供する。また「HP Discovery & Dependency Mapping 8.0」(HP DDM)は、エージェントレスでネットワーク上の構成要素を収集して「HP UCMDB」に格納する製品で、ハードウェアからソフトウェアまで資産情報を収集できるほか、クラスタ環境や仮想化環境にも対応している。

 両製品を組み合わせることで、ネットワーク構成などITインフラ全体とビジネス(外部向けサービスや業務システム、経理システムなど)を紐付けてマッピングすることができる。これにより、ビジネスサービスに発生した障害の原因となる変更情報の調査や、変更がどのビジネスサービスに影響を与えるかのリスク分析、最新の情報に基づくITインフラの可視化、任意の条件を満たす構成アイテムの抽出や構成レポートの作成が可能となる。

 「HP Business Availability Center 8.0」(HP BAC)は、顧客の体感速度を含めたシステムのサービスレベルを監視することで、最適なITサービスの提供を支援するソフトウェアスイート製品。今回のバージョンより、メインフレームのレスポンスを計測する「Transaction Vision」と、同製品が収集する情報に基づきパフォーマンス問題の原因特定を容易にする「Problem Isolation」が追加された。これにより、ビジネスの視点に立ったサービスレベル管理とともに、レスポンス監視とIT基盤の監視を関連付けることで、早期の問題発見や障害予測を可能とする。

 「HP SiteScope 10」は、エージェントレス型のシステム監視ツール。リアルタイムにシステムの稼働状況を監視し、障害発生時には管理者にアラートを通知して回復タスクを実施することができる。今回のバージョンでは、ユーザインターフェースを改め、使い勝手が向上した。また、J2EE/.NETなどのアプリケーションのレスポンスを計測する「Diagnostics」との連携も強化され、アプリケーションのレスポンス監視とシステム監視の統合が可能となった。


出荷日・発売日 2009年2月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「日本ヒューレット・パッカード」関連の情報を、チョイスしてお届けします

「日本ヒューレット・パッカード」セミナー

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

IT部門を早く・安く・手軽に改革、ITサービス管理ツールで業務はどう変わる? 【クレオ】 ITインフラのコストを最適化、データセンターに最適なハイブリッドITの条件 【日本ヒューレット・パッカード】 調査で見えたアベイラビリティの重要課題――企業はどのように変わるべきか? 【Veeam Software Japan】 ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 【クレオ】 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは? 【ヴイエムウェア株式会社】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
非効率なサポートデスク業務…… IT部門を「手軽にテコ入れ」する方法 ITインフラのコストを最適化、データセンターに最適なハイブリッドITの条件 IT部門は「可用性」をどのように意識し、どう対応するべきか ITIL運用の経験不足をツールでカバー、福岡空港に学ぶプロアクティブな保守運用 あと3年もないWindows 7サポート終了、Windows 10移行時の課題とは?

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024962


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ