日本HP、構成情報の一元管理を支援する製品の新版などを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本HP、構成情報の一元管理を支援する製品の新版などを発売


掲載日:2009/02/06


News

 日本ヒューレット・パッカード株式会社は、ITIL v.3に基づき、構成情報の一元管理を効率化する新製品と、ユーザの視点でシステムのパフォーマンスを管理する新製品を、発売した。

 今回発売された「HP Universal CMDB 8.0」(HP UCMDB)は、企業内に点在するITサービス情報の統合と共有を図る構成情報管理ソフトウェア製品。同社のソフトウェア製品群との連携をサポートし、基盤となる構成情報の統合を可能として製品間の動的なデータ連携を提供する。また「HP Discovery & Dependency Mapping 8.0」(HP DDM)は、エージェントレスでネットワーク上の構成要素を収集して「HP UCMDB」に格納する製品で、ハードウェアからソフトウェアまで資産情報を収集できるほか、クラスタ環境や仮想化環境にも対応している。

 両製品を組み合わせることで、ネットワーク構成などITインフラ全体とビジネス(外部向けサービスや業務システム、経理システムなど)を紐付けてマッピングすることができる。これにより、ビジネスサービスに発生した障害の原因となる変更情報の調査や、変更がどのビジネスサービスに影響を与えるかのリスク分析、最新の情報に基づくITインフラの可視化、任意の条件を満たす構成アイテムの抽出や構成レポートの作成が可能となる。

 「HP Business Availability Center 8.0」(HP BAC)は、顧客の体感速度を含めたシステムのサービスレベルを監視することで、最適なITサービスの提供を支援するソフトウェアスイート製品。今回のバージョンより、メインフレームのレスポンスを計測する「Transaction Vision」と、同製品が収集する情報に基づきパフォーマンス問題の原因特定を容易にする「Problem Isolation」が追加された。これにより、ビジネスの視点に立ったサービスレベル管理とともに、レスポンス監視とIT基盤の監視を関連付けることで、早期の問題発見や障害予測を可能とする。

 「HP SiteScope 10」は、エージェントレス型のシステム監視ツール。リアルタイムにシステムの稼働状況を監視し、障害発生時には管理者にアラートを通知して回復タスクを実施することができる。今回のバージョンでは、ユーザインターフェースを改め、使い勝手が向上した。また、J2EE/.NETなどのアプリケーションのレスポンスを計測する「Diagnostics」との連携も強化され、アプリケーションのレスポンス監視とシステム監視の統合が可能となった。


出荷日・発売日 2009年2月4日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Senju DevOperation Conductor 【野村総合研究所】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】 必要だけど荷が重いシステム運用管理 他の企業はどうしている? 【東日本電信電話】 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
「見やすく」「使いやすい」運用管理ツール。5つのサブシステムで構成され、システム全体の可視化と運用自動化を統一されたインターフェースで一元的に行える。 IoT活用最前線――製造現場に新たな安全管理を、IoTで変わる現場 必要だけど荷が重い“システム運用管理” 他の企業はどうしている? 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20024962


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ